停電時のサポート情報

停電時でも分電盤の主幹スイッチ(ブレーカー)を切る必要はありません。
ただし、電気暖房器具や電気ポット、アイロンなど、発熱する電気製品は、スイッチをオフにしコンセントを抜いておいてください。停電が終了し通電が再開されたときに、火事になる恐れがあります。

●ガス給湯器

寒冷地域の場合、凍結防止ヒーターが作動しないため内部で残留水が凍結する恐れがあります。
凍結の可能性がある地域では必ず水抜きを行なってください。
通電再開時にリモコンの設定が初期化される場合があります。時計や湯はり量などを再度設定してください。
※水抜きやリモコンの再設定は取扱説明書をご覧下さい。

●電気温水器・エコキュート

停電中でもタンク内にお湯があれば使用できる場合がありますが、温度調整がされずに熱湯が出る危険がありますので、使用しないでください。
通電再開時にリモコンの設定が初期化される場合があります。時計や湯はり量などを再度設定してください。

●ガスコンロ

点火装置が電池式の場合、停電時でも使用できます。ただし換気扇が動かないため、ガスコンロ使用時は窓を開けるなどして必ず換気を行ってください。

●IHコンロ・電気コンロ

停電中は使用できません。また、通電再開時の火災事故防止のため、停電時は必ず主電源をオフにしておいてください。

●玄関ドア電気錠システム

停電時は電気錠システムが作動しません。計画停電が完全に終了するまでの間は、外出の際にはスペアキーを携帯してください。

●電動シャッター

停電中でも手動で開閉することができますが、モーターの負荷により少し力が必要です。停電前に「開ける」もしくは「閉めておく」ことをおすすめします。

●24時間換気システム

多くの場合、通電再開時に自動的に運転開始しますが、一部の多機能機種についてはリモコンなどで手動再開する必要があります。詳しくは取扱説明書をご確認ください。

●太陽光発電システム

停電が日中で、太陽光によって発電できる状態であれば、自立運転に切り替えることでパワーコンディショナーの自立運転用コンセントから電力を使うことができます。なお、自立運転時は売電することができませんので、通電再開時には必ず元の連系運転に設定しなおしてください。
※自立運転、連系運転の切り替え方法や自立運転用コンセントの場所は、取扱説明書をご覧下さい。