平成26年10月09日
株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム


「SxLすまいる給付金」支給決定10月16日(木)より開始
〜収入制限なしの「SxLすまいる給付金」で光熱費相当額を負担いたします〜

 株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(本社:大阪市北区、代表取締役社長:松田 佳紀、以下ヤマダSxL)は、政府による消費税増税後の住宅取得に関する支援策として施行されている「すまい給付金」(給付については諸条件がございます)に加えて、当社分譲地の建売物件を対象に、平均的な家庭の月々の光熱費に相当する2万円を5年間(年間24万円×5年)に亘り「SxLすまいる給付金」として、年収制限を設けずに支給することを決定致しました。
 税率10%への消費増税が検討されているなかで、「すまい給付金」「住宅ローン減税」等の国の住宅取得支援策や、住宅ローン金利が最低水準の現在は、お客様にとって住宅を購入しやすい環境にもなっております。今回の「SxLすまいる給付金」は国の各種施策に加え、住宅購入後のローン支払い負担によって生活水準を下げることなく、より快適に生活して頂くことを目的に、ヤマダSxL独自の給付金としてお客様に支給するものです。
 「SxLすまいる給付金」の対象となる建売分譲物件の多くは、強固な木質パネルの構造体で壁体内換気システムを搭載したSxL構法を採用し、省令準耐火構造、ならびに次世代省エネ基準W地域仕様、耐震等級3、安心の超・長期保証制度など、ハウスメーカーならではの高い品質を備えており、住宅メーカー10社で構成する優良ストック住宅推進協議会による「スムストック」対象物件として、将来においても資産価値を高く保ち続けることができる住まいとなっております。


「SxLすまいる給付金」概要

 今回の「SxLすまいる給付金」は当社指定の建売分譲物件を対象としております。平均的な家庭の月々の電気料金、ガス料金に相当する2万円を5年間(年間24万円×5年)、毎月ヤマダSxLより支給することで、太陽光発電システムを搭載していない住まいにおいても、家計における光熱費負担を実質0円(シミュレーション上)にし、初めて住まいを取得されるお客様でも負担を感じずにご購入頂くことができます。また太陽光発電システムを搭載している建売分譲物件も対象に含まれておりますので、太陽光発電システムでの売電収入に「SxLすまいる給付金」を組み合わせることにより、更に家計に優しく、ゆとりのある暮らしを実現致します。
 実施期間は平成26年10月16日(木)より平成26年11月30日(日)までとし、期間内にお申込、ご契約頂ける方を対象としております。なお、ご購入されたオーナー様にはモニター契約を結んで頂き、ヤマダSxLの住まいのインタビューや写真提供などのご協力を御願い致します。なお、他のキャンペーンや割引特典等との併用はできませんのでご了承下さい。
 対象分譲地は当社ホームページhttp://www.sxl.co.jp/bb/zero2014/上にて公開しております。

「SxLすまいる給付金」
1.
名   称 「SxLすまいる給付金」
2.
内   容 当社指定の建売分譲物件を対象期間中にご購入にて、月々2万円を5年間当社より支給
3.
対象期間 平成26年10月16日(木)〜平成26年11月30日(日)
(引渡し期限:平成27年2月28日)
4.
対象分譲地 当社ホームページにて公開 http://www.sxl.co.jp/bb/zero2014/
5.
構造・仕様 SxL構法≪木質パネル一体構法≫、省令準耐火仕様、次世代省エネW地域仕様
(一部構法、仕様が異なる物件もございます)

[本件に関するお問合わせ先]
株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム 経営企画室 広報 岡田・嶋
TEL : 06-6242-0558/Email : ir-koho@sxl.co.jp

ページTOPへ