ニュースリリース

平成28年11月29日
株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム

「女性活躍推進チーム」によるIoT※1生活提案『やさしい暮らし』
住宅メーカー初“IoT仕様”を標準搭載へ ヤマダ・エスバイエルホーム

株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(本社:群馬県高崎市、代表取締役社長:長野 純一)は、「女性活躍推進チーム」による、搭載して“すぐに”うれしい女性目線の“IoT生活提案”『やさしい暮らし』を開発いたしました。
また、この「住まい」と「IoT」を組み合わせた提案内容を、平成28年12月より“住宅メーカー初”の試みとして主力商品である「ニューオーセント」へ標準搭載することを決定いたしました。

家族をみまもる “IoT生活提案” 『やさしい暮らし』

■ 大切な“家族をみまもる” IoTではじまる暮らしは、便利でエコで、やさしい暮らし

ヤマダ・エスバイエルホームでは、平成28年度より全展示場へヤマダ電機グループのIoTを活かしたスマートハウス提案コーナーを順次設置し、お客様への提案活動を強く進めてまいりました。このコーナーでは、IoT技術の便利さや、未来の暮らしを体感でき、大変ご好評を頂いております。一方で、女性のお客様からはIoT技術について、「技術(ハード面)は凄そうだけど、特に今の生活(ソフト面)での必要性を感じない」とのご意見を頂戴する場面が度々ありました。 そこでこの度、女性活躍推進チームが主体となり、生活シーンをイメージできる女性目線の“IoT生活提案”『やさしい暮らし』を注文住宅・リフォーム向けに新しく開発いたしました。

■ 女性目線の“ソフトのご提案”

女性活躍推進チームは、平成19年より“女性意見を活かした商品開発活動”を開始。女性ならではのきめ細かい視点で“かゆいところに手が届く”提案活動を行ってまいりました。今回の開発にあたり、「IoT技術によってはじまる暮らしの良さを、“家族”を一番に考えるママにこそ知っていただきたい。」をテーマに、“働くママ”を中心としたメンバーで議論を重ねてまいりました。 IoTの技術が『家族をみまもるやさしい暮らし』として住まいに調和し、具体的な生活シーンをイメージできる提案となっております。

■ 住宅メーカー初※2、IoT仕様を標準搭載へ

この“IoT生活提案”『やさしい暮らし』の普及を目的に、住宅メーカー初の試みとして、平成28年12月より IoT仕様を主力商品である「ニューオーセント」へ標準搭載することを決定いたしました。

<家族をみまもる“IoT生活提案”『やさしい暮らし』のポイント>

(1)IoTでできることを具体的シーンとして紹介、実生活と結び付ける

(2)“家族をみまもる”安心・便利機能で、生活での不安が解消できるポイントなどを紹介する

  • やさしい暮らしイメージ1
  • やさしいイメージ2

<“働くママ”だから気になる、わかる。IoTでできること>


※女性活躍推進チームによる、「IoT提案」セッションにおける意見(抜粋)
    “みまもり”に対する意見
  • マンションだと戸締りをそこまで気にしないので、戸建てとの違いになかなか気づかないことをご説明 したい。
  • お年寄りは暑さに鈍感になるので、冷房を入れているかどうか様子がわかると安心。
  • 子供が長期休暇の時、一人で家の中で過ごすことも多くなるので、“みまもり機能”は安心。

  • “便利さ”に対する意見
  • エアコンを外出先から事前につけるのはもったいないと思っていた。帰宅してから急速に温度調整するより節電になると聞くと、なるほどと思ったので、そういった部分をお伝えしたい。
  • 新築後でも導入できるなら、後からつけようと思ってしまいがち。“実は”、後から付けるのは大変であることを説明したほうがよい。
  • 節電効果がどれくらいあるのかわかればうれしい。

    <家族をみまもる“IoT生活提案”『やさしい暮らし』、標準装備概要>

  • やさしい暮らし標準装備概要
ヤマダ・エスバイエルホームは、これら女性活躍推進チームによる“IoT生活提案”『やさしい暮らし』を標準化することで、未来の暮らしを、今の住まいに密接に結びつけてまいります。これは住宅メーカーとして初の決定であり、住まいの新たな取組みの第一歩となります。ヤマダ・エスバイエルホームは今後もヤマダ電機グループのIoT化先進企業として、機能の拡充や、新たな暮らし方のご提案をしてまいります。

※1 IoT:アイオーティー Internet of Things(モノのインターネット)の略称。

※2当社調べ。

本件に関するお問合わせ先

株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム 経営企画室 広報 田中・岡田・嶋
TEL : 027-330-5751/Email :ir-koho@sxl.co.jp

このページをPDFでダウンロード

pagetop