各  位
平成30年3月27日
株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム

~ 女性活躍推進チームが共働き世帯の女性にIoT※1の魅力を普及促進 ~ 『ずっと』快適で安心・安全・便利な“IoTの住まい”の提供へ
①業界初※2 IoTの住まい購入に対する不安を解消
将来にわたって快適な状態で利用いただけるサポート体制を開始
②業界初※3 戸建住宅に“マルチファンクションライト”を搭載

株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(本社:群馬県高崎市、代表取締役社長:宮原 年明)は、“IoTの住まい”を主力商品に導入し、共働き子育て世帯にやさしい「家族をみまもる新しい住まいのかたち」をご提案してまいりましたが、この度、普及促進のためのしくみ作りをさらに進化させました。

①業界初、“IoTの住まい”をまるごとサポートするしくみ

IoT仕様の住まいが便利であることは理解されるものの、「すぐ仕様が古くなって使えなくなりそう」「機械モノは壊れるから、メンテナンス費用がいくらかかるかわからない」など、導入への不安が普及の足かせのひとつとなっていました。

当社はお客様のこの漠然とした不安を解消し、『ずっと』快適にIoTの住まいで暮らしていただけるためのしくみづくりを開発いたしました。

業界初、“IoTの住まい”をまるごとサポートするしくみ

この制度のメリットは、IoT機器毎にかかる費用をまとめて月額で支払うことで、ご入居後のIoTにかかる費用が明確化されるだけでなく、メンテナンスやバージョンアップ等にも対応していることから、長く安心してIoTの暮らしを導入できることです。 まずは2018年5月を目処に、当社オリジナルの血流認証技術による鍵システム「Fin-Key(フィンキー)-S」で、この制度をスタートいたします。

また、2016年に株式会社ジャックスと提携して開発した“すまいりんぐ倶楽部エスメンバーズカード”は、家のメンテナンス費用の積立だけでなく、積立分から家電等の購入も行っていただけます。親会社である株式会社ヤマダ電機とのつながりを活かし、電化製品を適切な時期にお得に買い替えることができるご提案なども行うことができます。

今後はエスメンバーズカードと、今回新たに加わる月額支払制度の2本柱によって、建物だけでなく、住まいまるごとの維持・品質管理のサポートを行ってまいります。

②業界初、戸建住宅に“マルチファンクションライト”を搭載

  • 業界初、戸建住宅に“マルチファンクションライト”を搭載
  •  この度、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社のサポートを受け、IoTを駆使して多彩な機能を提供する照明器具“マルチファンクションライト”を業界初、戸建住宅に搭載いたします。

     マルチファンクションライトは人感・温度・湿度・照度を検知する各種センサーを内蔵しています。無線LANネットワークにつながり、専用アプリを通じて、離れたところから子ども部屋の様子がわかるなど、家族や環境をみまもる快適と安心を届けるプラットホーム照明です。

     戸建住宅に設置することで、当社を通じ、お客様が使用した感想やご要望をメーカーに届けることが可能になります。そうすることで、お声を頂戴したオーナー様にも機器のバージョンアップが反映されるなど、長く快適にIoT機器を使っていただけるメリットが発生します。 本機は、新築時の導入はもちろん、リフォームでも導入可能です。

 平成30年4月に新規出展する下記3展示場のIoT体験コーナー内に本照明を設置いたします。今後は全国の展示場にも順次展開を予定しております。
【マルチファンクションライト設置展示場一覧(平成30年4月予定)】

展示場 住所
セトラ宇多津 香川県綾歌郡宇多津町浜三番丁-30-1 RNC総合住宅展示場セトラ宇多津内
近江八幡 滋賀県近江八幡市中小森町287-3 KTV近江八幡住宅展示場内
西宮酒蔵通り 兵庫県西宮市鞍掛町5-5 ABCハウジング西宮・酒蔵通り住宅公園内
  • ~ 「女性にやさしいIoTの住まいづくり」が
         共働き子育て世帯を支える ~

     男性の家事や育児への参加は以前よりも増してきたものの、仕事を持つ女性の負担はまだまだ大きく、家事の利便性、効率性を高めたいというご要望は、女性の方から強く頂戴しているのが現状です。

     そういった背景から、特に共働き子育て世帯の女性に、分かりやすくIoTの生活をイメージしていただけるよう、当社では収納提案などでも実績のある「女性活躍推進チーム」を中心にリーフレットを作成し、女性目線でのIoT訴求活動を行っております。

  • 女性活躍推進チームサポートのIoTリーフレット

    【女性活躍推進チームサポートのIoTリーフレット】

 IoTの搭載により、“今”を便利に、そして限りある時間を大切に、毎日のやさしい積み重ねが未来につながる快適な暮らしとなるよう、引続き“IoTの住まい”の展開とともに、よりよい暮らしのご提供を進めてまいります。

※1 IoT:アイオーティー Internet of Things(モノのインターネット)の略称。
※2、3:当社調べ

お問い合わせ

株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム 経営企画室(担当:田中、岡田、加藤)
TEL : 027-330-5751/Email :ir-koho@sxl.co.jp

このページをPDFでダウンロード

pagetop