PDFダウンロード (614KB)
文字サイズ: 小 中 大

コンプライアンス経営の推進

企業行動憲章

ヤマダ・エスバイエルホームは、コンプライアンス体制の基本として、従業員1人ひとりが特に留意すべき事項を「企業行動憲章」においてコンプライアンス10原則として定め、これに基づき「コンプライアンス行動規準」をマニュアルとして制定しています。これらによって、コンプライアンス重視の行動指針を明示すると共に、社員の行動規準について詳細に記載しています。

コンプライアンス10原則

コンプライアンス10原則

コンプライアンス推進体制

ヤマダ・エスバイエルホームは、コンプライアンス推進組織を中心に、全従業員がコンプライアンスに対する意識の向上を図っています。コンプライアンスに関する重要事項の決定は取締役会が行うこととし、「コンプライアンス規程」に基づき、取締役会の下に「コンプライアンス委員会」を設置し、具体的なコンプライアンス推進体制の整備について指揮を執っています。また、各責任者は各部門の「コンプライアンス推進責任者」を担い、所管する組織から「コンプライアンス推進委員」を任命します。
「コンプライアンス推進責任者」は各部門の業務に関連するコンプライアンス・リスクへの対応方針を策定し、「コンプライアンス推進委員」はこの方針に基づき、従業員に対する勉強会や研修会を実施します。
このように、ヤマダ・エスバイエルホームでは部門を横断したコンプライアンス推進体制を敷き、コンプライアンス委員会内からの発信情報の伝達及び周知徹底、または「コンプライアンス推進委員」からの推進状況の報告等、コンプライアンスに関するレポートラインを設け、重要な決定を迅速に浸透させる仕組みを構築しています。

コンプライアンス体制図

コンプライアンス体制図

コンプライアンス勉強会

ヤマダ・エスバイエルホームは、2003年12月以降、部門毎に定期的に「コンプライアンス勉強会」を行っており、実務に即したコンプライアンス意識の徹底の為に勉強会資料を全て自社で作成し、実施しています。
また、職務階層別・職群別に、それぞれコンプライアンス研修会を開き、それぞれの職務遂行上で必要な教育・研修を定期的に行っています。

コンプライアンス勉強会のテーマ(例)

  • インサイダー取引規制について
  • 住宅産業で働く人のコンプライアンス 等
コンプライアンス勉強会風景

コンプライアンス勉強会風景

エシックス・カード

ヤマダ・エスバイエルホームは、コンプライアンス・マインドの向上およびCSRの推進を図る為、「エシックス(倫理)・カード」を全従業員に配付、常時携帯を義務付けています。
エシックス・カードには、コンプライアンスに反する行為がないか、各従業員が自省する為の標語を添え、裏面にはコンプライアンス違反行為またはそのおそれがある行為につき、担当部門に直接通報できる社内外の「ヘルプライン」窓口を明記しています。

ヤマダ・エスバイエルホームグループ エシックスカード

ヤマダ・エスバイエルホームグループ エシックスカード

CSR報告書2013

トップメッセージ

  • 編集方針
  • グループの概念と会社概要
  • CSRマネジメント体制
  • コーポレート・ガバナンス体制