PDFダウンロード (620KB)
文字サイズ: 小 中 大

リスクマネジメント

リスク管理体制

各部門において管理するリスクの危険性や具体性が明らかとなった場合に全部門が連携して対処出来る、「情報共有フロー」を構築、運用しています。
また、直面する様々なリスクに対処する為、ヤマダ・エスバイエルホームでは「リスク管理規程」を制定し、リスクマネジメントに関する基本体制を確立しています。同規程において、「災害リスク」「法令違反リスク」等、発生し得るリスクを性質毎に細かく分類した「リスク分類表」を作成し、それぞれを所管する部門が継続的に管理することで、問題の発生を未然に防ぎ、また、発生した場合にも迅速に対処出来る体制を整備しました。

業務事故即報

ヤマダ・エスバイエルホームは、業務リスク情報を迅速に経営陣へ報告する体制を整備しています。

業務事故即報体制図

業務事故即報体制図

製品事故報告書

製品リスク情報については、発生ヶ所から如何に迅速に品質管理部門に情報が伝えられるかが、初期対策に非常に重要です。ヤマダ・エスバイエルホームでは、製品リスクが発覚した段階で、直ちに「製品事故報告書」を作成し、品質管理・保証部門宛に発信する仕組みになっています。

重大項目対応依頼書兼報告書

オーナー様アンケート等において、重大なリスクを含むであろうご意見、ご指摘については、CS推進部門において緊急対応を指示する「重大対応依頼書兼報告書」を発行します。初期対応及び対応結果は、ご意見、ご指摘に含まれるリスクに応じ、法務コンプライアンス部門や技術部門等の関連部門に報告されます。

ヘルプラインの設置

ヤマダ・エスバイエルホームグループは、業務に関する法令違反等の不祥事を未然に防止し、更に、良好な職場秩序を維持することによって、お客様、オーナー様や取引先の信頼を確保し、あらゆる不祥事の早期発見と是正を図ることにより、コンプライアンス経営の強化に努めています。その一環として、コンプライアンス違反行為又はそのおそれがある行為につき、担当部門に直接通報できる「ヘルプライン制度」を構築しています。
ヘルプラインの窓口は、社内と社外にそれぞれ設置しており、社内は、セクシュアル・ハラスメントやパワー・ハラスメント等、労務環境に関わる通報については人事部門が、その他の事業活動全般に関わる通報については法務コンプライアンス部門が担当します。また、プライバシー保護の観点から設置する社外の相談窓口については、法律事務所が担当しています。

公益通報者の保護

ヤマダ・エスバイエルホームでは、ヘルプラインを内包する社内規程として「内部通報規程」を2004年より制定しています。この規程において、通報者のプライバシー保護、通報したことに対する不利益の禁止、不当な取扱の禁止を定め、公益通報者の保護を全従業員に対し明示しています。

個人情報の管理

ヤマダ・エスバイエルホームでは、個人情報の管理に関する基本方針として、ステークホルダーに対しては「プライバシー・ポリシー」を公開し、また、従業員に対しては社内規程として「個人情報管理規程」を定め、個人情報漏洩事故に対する体制を整備すると共に、「コンプライアンス勉強会」や「コンプライアンス研修」において、個人情報保護に関するテーマを取り入れ、従業員に対する周知徹底及び従業員による意識啓蒙を促しています。

営業秘密情報の管理

ヤマダ・エスバイエルホームでは、知的財産やノウハウを適切に保護し、ヤマダ・エスバイエルホーム及びステークホルダーの利益損失を防止する為、社内規程として「営業秘密管理規程」を制定しています。
この規程では、社外秘文書の指定や特定場所の立入制限等の基本的事項に加え、「営業秘密管理簿」の運用による管理体制の強化について規定し、また、関係者の知的財産やノウハウに関する権利の侵害を未然に防止する為、関係者の秘密情報の取り扱いに関して詳細な取扱い方法を定めています。

情報セキュリティマネジメントシステムの認証取得(ISO27001)

ヤマダ・エスバイエルホームは、近年社会問題になっている、情報漏えいや不正アクセスによる情報の流出を防ぐ為に、情報セキュリティマネジメントシステムISO27001を2013年9月認証取得しました。
ISO27001は、個人情報だけでなく、組織が保有する情報全てのリスク管理を行い、情報に対するさまざまなリスクを低減・回避・予防することを目的としている、全世界共通の情報セキュリティマネジメントシステムです。
今後もヤマダ・エスバイエルホームは、情報セキュリティマネジメントシステムの構築に向けて取り組みます。

ISO27001シンボルマーク

ISO27001シンボルマーク

CSR報告書2013

トップメッセージ

  • 編集方針
  • グループの概念と会社概要
  • CSRマネジメント体制
  • コーポレート・ガバナンス体制