PDFダウンロード (573KB)
文字サイズ: 小 中 大

営業品質向上への取り組み

営業タブレットのバージョンアップ

ヤマダ・エスバイエルホームは、営業活動においての活用度の向上及び営業業務の効率化を目的とし、営業タブレットのハードソフト両面でバージョンアップを図りました。
ハード面では端末機を切替え、アプローチブックや商品カタログの画像切り替えのスピードアップ、画像の鮮明度を上げたので、商談においてもスムーズな説明が可能となりました。
ソフト面では基本ソフトのアンドロイドのバージョンアップにより、従来アクセスできなかった顧客管理システムや経費精算システムをタブレットから利用することができ、業務の効率化が図れるようになりました。また、コンテンツの見直しやセキュリティー強化も実施し、営業社員の扱い難さも改善し、活用度アップへの配慮も行いました。

営業用タブレット

営業用タブレット

CGプレゼン研修の実施

ヤマダ・エスバイエルホームは、住まいの計画をより具体的にご理解頂けるよう、独自のCGプランニングシステムを導入し、質の高いCGによるプレゼンテーションをよりタイムリーにご提案できるよう、設計社員、展示場受付社員、営業社員を対象として能力別研修を実施しています。新入社員、中途採用社員といった初心者対象の基礎編、より質の高いプレゼンを目指したいというベテラン社員対象の応用編等のメニューを用意し、目指すスキルに合わせて選択できる研修システムです。現在23名が研修受講中です。

研修風景

研修風景

CGプレゼン制作支援

ヤマダ・エスバイエルホームは、中規模分譲地の景観プレゼンテーションや、大規模な賃貸住宅計画のプレゼンテーション等、高度で複雑な計画についても独自のCGプランニングシステムでCGを作成しています。高度なプレゼンテーションの場合は本社のCGプレゼン研修スタッフがCG制作を担当します。

CG制作例

CG作成例

分譲地での現場見学会を活用した営業方式の導入

ヤマダ・エスバイエルホームは、基礎の状態、構造躯体が見える状態、完成状態を一度に理解して頂けるよう、工程が異なる建設中の建物がある分譲地を活用して、基礎から構造躯体、仕上げまで一気にご覧頂ける現場見学会を開催しています。
2013年11月にトリヴェール和泉はつが野分譲地(大阪府和泉市)で、基礎完了状態、造作途中状態、ほぼ完成状態の合計7棟の工程の異なる分譲建物を利用して現場見学会を開催しました。分譲住宅購入の場合は完成建物しか見ることができないのが一般的ですが、基礎や構造まで確認できるということで非常に好評でした。

現場見学会風景

現場見学会風景

CSR報告書2013

トップメッセージ

  • 編集方針
  • グループの概念と会社概要
  • CSRマネジメント体制
  • コーポレート・ガバナンス体制