PDFダウンロード (897KB)
文字サイズ: 小 中 大

住宅事業と環境のかかわり

住宅事業と環境のかかわり

ヤマダ・エスバイエルホームグループは、2013年度に新築した全供給延床面積211,208m2に対する、生産段階から解体に至るまでの住宅のライフサイクルの各段階での投入資源量と副産物発生量の関係を明確にしています。

調査期間:2013年3月1日~2014年2月28日
調査方法:(一社)プレハブ建築協会エコアクション2020の方法に準拠
2013年度全供給延べ床面積:211,208m2

住宅事業と環境のかかわり

CSR報告書2013

トップメッセージ

  • 編集方針
  • グループの概念と会社概要
  • CSRマネジメント体制
  • コーポレート・ガバナンス体制