PDFダウンロード (539KB)
文字サイズ: 小 中 大

スマートタウン構想

次世代省エネ住宅「スマートハウス」分譲事業

ヤマダ・エスバイエルホームは、次世代省エネ住宅「スマートハウス」分譲事業を、全国各地で進めています。
誰もが安心して心地良く暮らせる緑豊かな街づくりの推進や、ガスと太陽光発電を組み合わせた、経済的で環境に優しい理想のエネルギースタイルであるダブル発電の推進、建売住宅太陽光発電システム100%搭載を目指しています。
また、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス〈ZEH〉支援事業への参加も推進しています。
現在展開中の主な分譲地(スマートタウン)は、以下になります。

・舞多聞(兵庫県神戸市) 全30区画
・稲毛(千葉県千葉市) 全53区画
・八王子高倉(東京都八王子市) 全23区画
・トリヴェール和泉(大阪府和泉市) 全95区画
・宝塚売布(兵庫県宝塚市) 全130区画
・木津中央(京都府木津川市) 全51区画
・百合ヶ丘(神奈川県川崎市) 全24区画

舞多間分譲

舞多聞分譲

トリヴェール和泉分譲

トリヴェール和泉分譲

百合ヶ丘分譲イメージ

百合ヶ丘分譲イメージ

CSR報告書2013

トップメッセージ

  • 編集方針
  • グループの概念と会社概要
  • CSRマネジメント体制
  • コーポレート・ガバナンスについて