京都府 A氏邸

“運河沿い”というロケーションを活かし、水辺の暮らしを存分に楽しむ。

リビング

風景を大開口で切り取り、水との一体感を強調。まるで船に乗っているかのような、水面を渡る風を感じる住まい。遊び心と暮らしやすさを両立した、こだわりのプランです。暖炉と吹き抜けのある、開放的なリビングは、運河の流れる様を間近に楽しむことができます。

外 観
洋風スタイル
内 観
洋風スタイル
階 層
地下室付き
“こだわり”条件
家族が自然と集まる/友人を招く住まい/趣味・収納のスペース/季節を感じながら暮らす/開放的な空間づくり/眺望を楽しむ/自然を感じるくつろぎ空間

建築地:京都府

延床面積:255.67㎡(77.34坪)

土地の特徴を活かし、水と暮らす楽しさを実現。中庭を中心に建物を配置し、外からの視線を閉ざしながら、運河に向けて開きました。玄関に、高低差を活かした地階、1階へとそれぞれにつながる階段を配置。LDKに暖炉や吹き抜けを配するなど、暮らしを楽しむ工夫が随所に。

吹き抜け

こだわり01

1階のLDKは仕切りのないオープンスペース。暖炉の煙突が伸びる吹き抜けと構造梁の存在感で、温もりのある大空間に。開口部からは間近に運河を眺めることができ、まるで船上にいるかのような気分です。「日本では、水と住まいは隔てるものですが、海外ではもっと水辺を活かした住まいが多いんです」とご主人。「趣味のヨットを通じて親交を深めている仲間たちを呼び、パーティーを開くのが楽しみです。いつか運河に浮かべる船を製作したい」と、水との暮らしを楽しむA様の夢は、ますます膨らむばかりです。

キッチン

こだわり02

奥さまこだわりのキッチンも、景色を楽しめるよう配置を決定。

外観

こだわり03

かつては炭問屋を営み、船で荷物の搬入出をしていたという、運河沿いの土地の形状を活かし、水が身近にある暮らしを楽しめる住まいを実現されたA様。当初から「水とともに、心地よく暮らしたい」というのが、ご夫妻のたってのご希望でした。ご提案したのは、眼前に迫る運河の水際に中庭を配置し、水辺に可能な限り近い位置にパーティールームと仕事場、そして木工がご趣味であるご主人のホビールームを配置。

エントランス

こだわり04

道路側の建物の外観は、ヨーロッパの古びた建物を思わせる、どこかノスタルジックな佇まい。

理想のくらしがきっと見つかる。注文住宅「実例集」プレゼント!
住まいづくりをお気軽にご相談。お近くの展示場はこちら!

ページTOPへ