大阪府 A氏邸

2世帯の温もりを育む、通り土間が心地よい距離感と、上質な寛ぎ。

外観

築30年のご実家を、このたび2世帯仕様に建て替えられたA様。
シャープな切妻屋根と、タイル貼りのバルコニーが、モダンで洗練された印象の2世帯住宅。

外 観
和モダン
内 観
ナチュラル
階 層
2階建て
“こだわり”条件
家族が自然と集まる/子どもの成長に合わせて変化する/夫婦で楽しむ住まい/友人を招く住まい/趣味・収納のスペース/季節を感じながら暮らす

建築地:大阪府

延床面積:225.87㎡(68.32坪)

両世帯の玄関を、昔ながらの土間でゆるやかにつなぐ。それぞれのプライバシーを確保しながら、暮らしに奥行きと温もりを持たせた完全分離型2世帯住宅です。
1階が親世帯、2階が子世帯。通り土間を通してほどよい距離感を保ちながら、家族の気配と安心感を実感できる設計となっています。1階、2階とも収納を充実させ、すっきりとした空間を実現しました。

2Fリビング

こだわり01

2階リビングは、ベースカラーを白で統一。「生活感を見せたくなかったのと、明るさを印象づけたくて」とご主人。

土間

こだわり02

以前は、2間続きの座敷のある純和風のお住まいでしたが、2世帯で暮らすには使い勝手が悪く、また耐震性能に不安を感じられたことから、このたび建て替えを計画されました。各世帯のプライバシーに配慮しながら、家族がともに暮らす安心感を実現。
子世帯側から土間を望む。正面に親世帯の玄関ドアが見え、奥行きとともに世帯のつながりを実感「年月が経ち、色が変わり、木肌に味が出てくるように」上がり縁に無垢材を用いています。
両世帯の玄関を土間を介して連続させるという設計。ドアを開けると、視線の先に互いの玄関が見え、一瞬不思議な感覚に包まれます。
フロアは1階を親世帯、2階を子世帯に分離。新築にあたりご両親がこだわられたのが、耐震性能と明るさでした。

リビング

こだわり03

「以前は陽当たりのいい南側に2間続きの座敷があり、普段はほとんど使っていませんでした。今はたっぷりと明るい光が差し込む開放的なリビングに生まれ変わり、喜んでいます」南側に大きく配した開口部から、たっぷりと光が差し込むLDK。ウッドデッキが、内と外とのつながりを生み出しています。
また足の不自由なお父さまのため、1階はすべてバリアフリー設計に。

LDK

こだわり04

畳で寛げる小上がりのリビングはダイニングキッチンと一体化させ、仕切りのない大空間に。キッチンは水回りとの距離も近く、家事をてきぱきとこなせる動線を確保しました。

理想のくらしがきっと見つかる。注文住宅「実例集」プレゼント!
住まいづくりをお気軽にご相談。お近くの展示場はこちら!

ページTOPへ