兵庫県 K氏邸

2階リビングで、予想を超えた明るさを実現。光と風を導く工夫が満載。

外観

白を基調にダークブラウンを配したシンプルな外観デザイン。閑静な住宅街にすっきり、美しく映えます。

外 観
モダン
内 観
ナチュラル
階 層
2階建て
“こだわり”条件
家族が自然と集まる/子どもの成長に合わせて変化する/いつも家族の顔がみえる

建築地:兵庫県

延床面積:104.79㎡(31.69坪)

LDKを2階に配置し、勾配天井を利用することで左右に隣家が迫る敷地条件ながら明るいリビング空間を実現。LDKと階段室との間にガラス壁を配置し、対面に位置する坪庭の吹き抜けに開口部を配するなど、光と風をたっぷりと取り込み、広々と暮らせる住まいを実現されました。

キッチン

こだわり01

想像以上の明るさと広さが、快適な暮らしをもたらす2階リビング。
使いやすいアイランドキッチンは食卓につなげ、暮らしの真ん中に配置。いつも家族の笑顔が溢れる場所です。明るい光がたっぷりと差し込むLDK。中庭と階段室に面する壁面にガラスをはめ込み、面積以上の広がりを実現。床は上質な温もりの伝わるブラックチェリー素材。

キッチン2

こだわり02

10年前に奥さまのご両親がエスバイエルで住まいを新築され、今も大変気に入ってくださっていることから、「今回の住まいづくりもぜひ同じ設計担当者で」とご依頼くださったK様。設計にあたりご希望されたのは、明るさと風通しの良さ。また、「子どもたちをのびのびと育てたいので、リビングスペースを広く取りたい」という奥さまの思いにお応えし、左右両側に隣家が迫る敷地条件の中、土地を最大限に活用しながら光と風をたっぷりと導き入れ、広さを演出する工夫を随所に取り入れました。生活の中心となるLDKは、2階に。LDK全体を屋根面まで空間を広げる勾配天井にすることで、面積以上の開放感を実現。構造梁を見せ、縦の広がりを印象づけています。最も幅の狭いダイニング部分は、中庭と階段室に面する壁面にガラスをはめ込み、視線の抜けをつくることで圧迫感を排し、明るく広々とした空間を創出しました。リビングに隣接する畳コーナーの引き戸を開け放てば、2階全体が開放的なワンルームになります。
奥さまは、平成7年の阪神淡路大震災のとき、階下にあった寝室で就寝中、倒壊した家屋に埋もれながら九死に一生を得るという体験をお持ちだったことから、当初は1階にLDK、寝室を2階にと強くご希望されていました。
「リビングを2階に配置すると聞いて、最初は不安でしたが、設計担当者が安全性についてもしっかりと説明してくださったので、それならと決断しました。結果は大正解。階段を上ると、眩しいほどの光が目に飛び込んできます」 想像以上の明るさと快適な暮らし心地に、微笑むK様でした。

和室

こだわり03

戸襖と壁の面を合わせたシンプルで美しい和室。坪庭に面する壁にガラスを配して視線の抜けをつくることで、広がりを感じさせます。

子どもべや

こだわり04

1階の子供部屋は、子どもたちの成長に合わせて分けられるよう、ドアを2か所に設置。水色のブラインドカーテンは、お嬢さまのセレクト。

理想のくらしがきっと見つかる。注文住宅「実例集」プレゼント!
住まいづくりをお気軽にご相談。お近くの展示場はこちら!

ページTOPへ