兵庫県 G氏邸

モノトーンを基調にした和モダンの住まいで、家族を身近に感じる安心感に包まれて。

外観

ウッドデッキを囲むようにL字型に配した建物。木製フェンスとコンクリート壁で、外部からの視線をカットし、プライバシーも確保。
こだわりは、洗練されたモダンなデザインと、空間に仕切りを設けず、開放感と明るさを確保すること。極上の寛ぎを実現したプランです。

外 観
和モダン
内 観
モダン
階 層
2階建て
“こだわり”条件
家族が自然と集まる/子どもの成長に合わせて変化する/夫婦で楽しむ住まい/友人を招く住まい/季節を感じながら暮らす/開放的な空間づくり/眺望を楽しむ/いつも家族の顔がみえる/自然を感じるくつろぎ空間

建築地:兵庫県

延床面積:144.91㎡(43.83坪)

モノトーンを基調に、木やコンクリートなど異素材を用いて洗練性を高めた和モダンの住まい。中心に配したウッドデッキを囲むようにLDKをL字型に配置。開口部を大きく取ることで、開放感と明るさを確保。できるだけ仕切りを設けず、空間を一体化することで、互いの気配がどこにいても感じられるつくりに。

ウッドデッキ

こだわり01

デッキ側に配した大きな開口部から、光がたっぷりと差し込む明るく居心地のいいダイニング。「いつも外とつながっているような、気持ちのいい開放感に包まれます」
新築にあたりG様がこだわられたのは、洗練されたモダンなデザインと、明るさ。また、できる限り仕切りを作らず、どこにいても互いの気配が感じられるようにしたいという点でした。住まいの中心にウッドデッキを配し、それを囲むようにLDKを配置。空間を一体化させながら、一部に吹き抜けを設けることで縦横にもつなげ、より開放感を高めました。「吹き抜けがあることで、声も届きますし、互いの位置がわかるので、とても安心できます」と奥さま。

玄関

こだわり02

木格子からデッキ越しに内部が垣間見えるエントランス。木の質感とコンクリートが、和モダンを表現しています。
その他にも、随所に異素材の折衷が見られます。モノトーンをベースにした室内は、コンクリートや木目を活かしたオーク材の床に天然石のテクスチャーが映えるタイルの組み合わせ。「それぞれの質感の違いが面白いでしょう。外壁もただの黒ではなく、テクスチャーが感じられるような塗り壁仕上げにしていただきました。」とは、インテリア関連のお仕事に就かれているご主人の弁。

LDK

こだわり03

開口部を開け放てば、LDKと一体化し、空間に広がりをもたらすウッドデッキ。室内から外を望むと、南側に隣接する公園の緑が視線の先に広がります。「将来的にはデッキチェアなどを置いて、ゆったり寛げるスペースにしたい」とご主人。

ダイニングキッチン

こだわり04

木製のダイニングテーブルが、モノトーンの空間に温もりをもたらすダイニングキッチン。「システムキッチンは、主人からのプレゼント。少しサビ色がかった、表情のある黒を選びました」と奥さま。

理想のくらしがきっと見つかる。注文住宅「実例集」プレゼント!
住まいづくりをお気軽にご相談。お近くの展示場はこちら!

ページTOPへ