兵庫県 K氏邸

南面を閉じ、プライバシーと採光を両立。中庭がもたらす、開放感いっぱいの暮らし。

外観

建物と外構の一体感に品格が漂う。ご主人がひと目で気に入られたタイルとアールを組み合わせ、表情豊かなファサード。
南面を閉じ、プライバシーと採光を両立。中庭がもたらす、開放感いっぱいの暮らしが実現しました。

外 観
洋風スタイル
内 観
洋風スタイル
階 層
2階建て
“こだわり”条件
家族が自然と集まる/友人を招く住まい/趣味・収納のスペース/季節を感じながら暮らす/開放的な空間づくり/眺望を楽しむ/自然を感じるくつろぎ空間

建築地:兵庫県

延床面積:189.01㎡(60.20坪)

敷地南側には、大きな3階建て屋上付きの隣家があったため、企業建築家にとっての課題は、プライバシーと採光をいかに両立させるか、でした。企業建築家の提案で、水回りと総2階部分を南側に配置し、中庭を挟んだ北側に吹き抜けのあるリビングを配することでプライバシーを高めながら光がたっぷりと差し込む開放的な住まいを実現。外構と建物を一体とし、重厚で上品な存在感をたたえる外観になりました。 

キッチン

こだわり01

いつも自然を身近に感じながら過ごせる、気持ちのいいキッチン。視線の抜けが一層の広がりを感じさせます。
カウンターとダイニングテーブルを連続させるという機能性だけでなく、高いデザイン性も合わせ持つ仕上がりに。優美なバカラのランプの下、ご夫妻でお酒を楽しむことも。

リビング

こだわり02

実は、既に他社での契約をほとんどお決めだったK様。企業建築家の1枚の手描きプランをひと目見て、一転。「このプランにかけてみよう」と思われ、その日のうちに他社に断りの連絡を入れられたそうです。
ダイナミックな梁は、白く塗ることであえて存在感を抑え、広さを印象づけています。白とベージュで統一したインテリアの中で、とくに上質な存在感を放つのは、住まい全体に施した大理石の床材。テイストを合わせ、中庭にも同系色のテラコッタタイルを敷いたことで、さらに広さを印象づけます。
玄関扉を開け中に入ると、正面のガラス越しに中庭が広がり、まるで屋外にいるかのような感覚にとらわれるK様邸。その中庭を、ぐるりと囲むように配置されたLDKは、常に外につながる開放感に満ちています。
「明るくて本当に気持ちがいいですね。どこにいても青空が見えることが、こんなに気分を弾ませてくれるとは思ってもみませんでした」と奥さまもにこやかに。

リビング2

こだわり03

吹き抜け上部からたっぷりと陽光が差し込む明るいリビングは、上へ、奥へ、中庭へと連続する空間構成。

中庭

こだわり04

中庭中央のシンボルツリーは、ヤマボウシ。
「最初はお手入れが大変なので迷いましたが、おすすめいただいた通りにして、本当に良かった。5月には白い花が咲き、その後赤い実をつけ、秋は紅葉と、1年を通じて楽しませてくれるこの木の存在に、心が和みます」穏やかな時間が、ゆったりと流れるK様邸でした。

理想のくらしがきっと見つかる。注文住宅「実例集」プレゼント!
住まいづくりをお気軽にご相談。お近くの展示場はこちら!

ページTOPへ