注文住宅実例集 それぞれのご家族の想いが注ぎ込まれた住まいの情景。ヤマダ・エスバイエルホームがお届けしてきた実例「暮らしのかたち」をご紹介します。

前へ

次へ

  • PLAN10
  • PLAN11
  • PLAN12
  • PLAN13
  • PLAN14
  • PLAN15
  • PLAN16
  • PLAN17
  • PLAN18
  • PLAN19
  • PLAN20
  • PLAN21
  • PLAN22
  • PLAN23
  • PLAN24
  • PLAN25
  • PLAN26
  • PLAN27
  • PLAN28
  • PLAN29
  • PLAN30
  • PLAN31
  • PLAN32
  • PLAN33
  • PLAN34
  • PLAN35
  • PLAN36
  • PLAN37
  • PLAN38
  • PLAN39
  • PLAN01
  • PLAN02
  • PLAN03
  • PLAN04
  • PLAN05
  • PLAN06
  • PLAN07
  • PLAN08
  • PLAN09
和の伝統を継承する注文住宅 「奥」と「間」のある空間。和の伝統を継承する住まい。なだらかな大屋根のフォルムが印象的。すっきりと通った横のラインが、おおらかさと落ち着きを醸し出しています。
0
足を踏み入れた瞬間、全身に伝わってくる何かがある。

0
 なだらかな切妻大屋根、深い軒、すっと伸びた塀に見越しの植栽。横長のフォルムが優雅な落ち着きを感じさせるI氏邸は、内部の空間構成もまた横方向の広がりをひとつの主題としています。
0
土間空間
 「そもそも今回の新築自体がエス・バイ・エルの展示場との出会いで衝動的に決心したことでした」とおっしゃるIさん。新築計画は全くなかったにもかかわらず、エス・バイ・エルの展示場をご覧になって、「こんな空間に住めるなら頑張って建てたい」と心を動かされたとか。
 「展示場も随分たくさん見ましたが、気に入ったものは全てエスバイエルの、しかも同じ設計者の住まいだったんです。よっぽど波長が合ったのでしょう。こんな風に作ってください、と、一言。注文らしい注文といえば、犬の部屋を作ってもらったことくらいでしょうか」
0
 建物は中庭を囲み奥へと伸びるコの字型。この構成によって、安らぎ、すがすがしさ、住宅地におけるプライバシー確保という命題をクリア。そして玄関から和室、リビング、ダイニング、最奥の茶の間まで、それぞれが独自の空間性をもちつつも、次の間へまた次の間へと順につながっていき??。
 「毎日暮らしていても、まだ玄関を入るたびにハッとします。心が和む、ホッとする、広々として気持ちいい……どう言えばいいのか。この感覚だけは写真では判らないでしょうね。実際に空間に包まれたときに全身に訴える何かがあるんです。部分ではなく住まい全体がひとつの空間として、そういう力を発しているのだと思います」とIさん。
 見え隠れする「奥」の存在と、そこに生まれる「間」。その横方向への展開性が、部屋単体では表現できない深みを生み出し、I氏邸に数字以上の広がりと奥行きをもたらしているのです。
0
和室
天井高の障子でリビングとのつながり感を高めた和室。コンセントやスイッチプレートの色を壁に合わせるなど、細部にもこだわった設計となっています。
玄関ホール
玄関を入ると、ホールからリビング、ダイニングまでが見通せます。「ドアを開けて一歩入ったときのこの眺めがとても気持ちいいんです」とご主人。
吹き抜けリビング
吹き抜けを配したリビングは、縦横に広がる空間の主軸。方向への視界の抜けが、のびやかさと奥行きを醸し出しています。
0
ダイニングキッチン
南側の庭に面した明るいダイニングキッチン。リビングとの間を仕切る建具は引き込み式で、さらに戸袋はフタ付。閉めると完全に壁化され、視界がすっきりと整理されます。

PLAN 11 のポイント

外に閉じ内に開く構成で、プライバシーを確保。視界の広がりを重視しつつも、家事効率に配慮し、動線はシンプルに。物理的な距離と心理的な距離感のコントロールで、美しさと生活しやすさが両立されています。


0
実例集「暮らしのかたち」最新号を差し上げます。ホームページではまだご紹介していない最新の実例の写真と間取り図をご覧いただくことが出来ます。資料請求フォームへ

ページTOPへ

次ページへ

前ページへ