注文住宅実例集 それぞれのご家族の想いが注ぎ込まれた住まいの情景。ヤマダ・エスバイエルホームがお届けしてきた実例「暮らしのかたち」をご紹介します。

前へ

次へ

  • PLAN19
  • PLAN20
  • PLAN21
  • PLAN22
  • PLAN23
  • PLAN24
  • PLAN25
  • PLAN26
  • PLAN27
  • PLAN28
  • PLAN29
  • PLAN30
  • PLAN31
  • PLAN32
  • PLAN33
  • PLAN34
  • PLAN35
  • PLAN36
  • PLAN37
  • PLAN38
  • PLAN39
  • PLAN01
  • PLAN02
  • PLAN03
  • PLAN04
  • PLAN05
  • PLAN06
  • PLAN07
  • PLAN08
  • PLAN09
  • PLAN10
  • PLAN11
  • PLAN12
  • PLAN13
  • PLAN14
  • PLAN15
  • PLAN16
  • PLAN17
  • PLAN18
御影石のエントランス 光あふれる住空間と感性を刺激するアトリエを巧みにセパレート。複雑なフォルムの外観は、色調をホワイトをでシンプルにまとめています。また、アクセントに玄関周りを御影石で飾りました。
高低差のある変形敷地までもメリットに変えるプランニング。

 大切なふたつの空間をじょうずに分けることで、オンとオフを切り替えたい。変形敷地を最大限活かしたい。長い時間を過ごしても圧迫感のない家がいい。

真っ白なエントランス
 いろいろな思いをかなえるため、当初は建築家への依頼を考えられていたKさん。「でももっと広く情報収集してみたら洗練された家が見つかり、それがエスバイエルだったんです。大手の住宅メーカーでハイセンスなら頼もしいじゃないですか。対応がていねいで納期が的確だし、安心感もありますから」。
 敷地は変形しているだけでなく高低差がありました。そこで設計担当は、敷地の形状に合わせて住居棟とアトリエ棟をV字型にプランニング。そこに、各棟を行き来できる玄関ホールを加え、三角形のようなフォルムにして中庭をつくりました。中庭で各棟を分離させながら採光も確保。そして、棟が接する部分には防音対策を施しています。また、南側なのに以前は低くて使われていなかった敷地に、その高低差を生かし離れのような和室も設けました。

 「ファーストプランでワクワクしました。変形敷地をうまく使っているし、高低差までメリットに変えている。光の取り入れ方も絶妙だと感じました」。アトリエはお隣の家に面する壁一面を書棚にして、収納力とプライバシーの確保を両立。光は吹き抜け上部の大きな窓から取り入れます。リビングの吹き抜けは朝から夕方まで陽射しを迎えることができ、まるで光の塔のようです。
 「この家ができてからあまり外に出なくなりました。家にいる方が楽しい。感性を刺激し続けてくれ、癒してもくれます。両親は和室を旅館みたいと気に入ってくれました」。ふたつの異なる空間を巧みに分離させたK氏邸。いずれ家族構成が変わった場合には、二世帯住宅として生かしたいそうです。

天井高2.8mのリビング
どこにいても、ゆとりある気持ちになれるよう、1階の天井は基本2.8mとのびやかな高さに。インテリアは明るい白にこだわりました。
天井の高い和室
和室はリビングから半島のように突き出た形で設計。敷地の高低差を生かし、リビングより低くすることで、離れのような雰囲気に。
リビング階段が印象的なリビング
リビングは多忙を極めるKさんがほっとできる空間。吹き抜け上部の窓から太陽や雲の動きが眺められ、都市の喧噪を忘れさせてくれるそう。リビングドアは、スタジオに使われている防音タイプ。アトリエ棟からの音を遮ります。

天井までの書棚があるアトリエ
長い時間を過ごしても圧迫感のないよう、ふたつの大きな吹き抜けを設けたアトリエ。壁面には天井までの書棚を造り付けています。

PLAN 24 のポイント

住居部分とアトリエ部分に二世帯住宅のような独立性を持たせたい。そのため、両スペースを敷地形状に合わせてV字型に配置し、中庭で分離。共用の玄関 ホールでつなぐスタイルにして、それぞれが干渉しないように工夫しました。

PLAN24のポイント イメージ


実例集「暮らしのかたち」最新号を差し上げます。ホームページではまだご紹介していない最新の実例の写真と間取り図をご覧いただくことが出来ます。資料請求フォームへ

ページTOPへ

次ページへ

前ページへ