注文住宅実例集 それぞれのご家族の想いが注ぎ込まれた住まいの情景。ヤマダ・エスバイエルホームがお届けしてきた実例「暮らしのかたち」をご紹介します。

前へ

次へ

  • PLAN28
  • PLAN29
  • PLAN30
  • PLAN31
  • PLAN32
  • PLAN33
  • PLAN34
  • PLAN35
  • PLAN36
  • PLAN37
  • PLAN38
  • PLAN39
  • PLAN01
  • PLAN02
  • PLAN03
  • PLAN04
  • PLAN05
  • PLAN06
  • PLAN07
  • PLAN08
  • PLAN09
  • PLAN10
  • PLAN11
  • PLAN12
  • PLAN13
  • PLAN14
  • PLAN15
  • PLAN16
  • PLAN17
  • PLAN18
  • PLAN19
  • PLAN20
  • PLAN21
  • PLAN22
  • PLAN23
  • PLAN24
  • PLAN25
  • PLAN26
  • PLAN27
和風スタイルの外観 大胆な遊び心をプラスし、個性的な和風スタイルを表現。外観は「街並みに溶け込みながらも個性あるスタイルに」というご要望からデザイン。外壁の濃紺は、熊本城の石垣をイメージされたそうです。
0
京都で触れた和の雰囲気が住まいづくりの背景に。

0
廊下

 日本人としてのごく自然な感覚で和のテイストは好きだったものの、お住まい全体を完全な和風にしてしまうのは「何となく違うような気がしていました」と話されるOさん姉妹。そんなおふたりのエスバイエルとの出会いは、カタログの中の一邸の住まいがきっかけでした。
 「モダンな建物に木の格子がずーっと配されているのを見て『良い感じだなあ』と。こんな設計ができるところなら、私たちの創りたいイメージも形にできるんじゃないか、という可能性を感じたんです」と振り返られます。


 打ち合わせに際しておふたりは、好きな建築家とその作品、理想のデザインイメージや室内の雰囲気などジャンル別に雑誌をスクラップしたファイルを作成。その他に「木を多く使うこと」あるいは「外を眺めるのが好き」な飼い猫たちが「外の景色を見ながら気持ちよく過ごせる空間」といったご要望も全て書き出し、設計担当に伝えられたといいます。また特に、妹さんがこだわられた外構の格子デザインは「外から室内が丸見えになるのは困るけれど、完全に閉ざしてしまうのも嫌」と、何度も話し合いを重ねられたそうです。
 実は学生時代を京都で過ごされていた妹さん。当時目にしていた情緒あふれる街並みや寺院・庭園が今でも強く印象に残っていて「その時に見た町屋のつくりや日本的な雰囲気が、今回の住まいづくりに活かされているのかも知れませんね」と話して下さいました。
 全体に和の印象を持ちながら、外壁を思い切った濃紺にしたり、外構の一部にハードな鉄骨やブロックをそのまま配して木と組み合わせたりと、大胆な遊び心もうかがえるOさんのお住まい。ご姉妹の感性が光る、おふたり流の和風スタイルと言えそうです。

木の質感にあふれたリビング・ダイニング
柔らかな木の質感にあふれたリビング・ダイニング。インテリアも優しい色合いのものを選ばれ、ぬくもりある空間とされています。
ブルーの壁の個室
「色のある住まいにしたかった」とおっしゃる妹さんの個室は、ブルーの壁が印象的。センスがうかがえるモダンな空間です。
シルバーと木の組み合わせ
シルバーと木の組み合わせが個性的な表情を見せています。
0
和室に続く廊下
廊下の奥に続く和室は、障子のしつらえや唐紙など「純粋な和」にこだわられました。お母さまから譲り受けたという趣ある調度品がしっくりと馴染んでいます。

PLAN 29 のポイント

室内にまんべんなく光が入るよう、敷地の南側を開けL字型に居室を配置。また東側の庭は目的を採光だけに割り切り最小限のスペースに。その分建物を大きく取り、限られた敷地内で居住空間をできるだけ広く確保しました。

PLAN27のポイント イメージ


実例集「暮らしのかたち」最新号を差し上げます。ホームページではまだご紹介していない最新の実例の写真と間取り図をご覧いただくことが出来ます。資料請求フォームへ

ページTOPへ

次ページへ

前ページへ