資金計画ってなにから始めたらいいの?

そもそも「資金計画」って、なんですか?

住宅は人生の中で最も大きな買い物のひとつ。かかる費用もとても高額ですので、住宅購入には住宅ローンを利用するケースがほとんどです。しかし、ローン返済額が今の家賃と同じだからと油断して購入に踏み切った結果、「支払いがとても厳しくなってしまって大変…」という人が意外に多いのが現実。無理なく返済しながら、安心してマイホームで暮らしていけるよう、事前にしっかりと資金繰りの計画を立てておく必要があります。

家族の理想の家、なんとかして建てたいんですけど。

どんな住まいを建てるかを考えてからお金のことを考えるのはNGです。マイホームの建築を検討すると、どうしてもプランや設備の方が気になって資金計画が後回しになりがちですが、あくまでも「お金が最初、家は2番目」が基本の考え方。無理なく支払える額がいくらなのかを計算した上で、その範囲内で住まいの理想を叶えましょう。また、あれもこれもと進めるうちに、気がつくと当初の予算をオーバーしてしまうケースも少なくありません。常に総予算を把握しながら、その範囲内で収まっているかチェックしておきましょう。

住みたい家を見つけたので、なんとかして買いたいんですけど。

現在の家賃と同額の返済で済むっていう考えではダメなの?

住宅の広告などを見ると「月々の支払額は○○円!」と表示していることがよくあります。しかし実際のところ、将来の住宅のメンテナンスのお金や税金、ローン金利の変動など、予想外に支払いが増えてしまって返済が困難になってしまうケースもありますので注意が必要です。

また、突然の病気や事故、親の介護問題の発生など、ライフステージによって思わぬ出費も想定した上で、無理なく支払いができる資金計画を立てましょう。

現在の家賃と同額の返済で済むっていう考えではダメなの?

資金計画を立てるときは、なにから考えればいいの?

住宅購入の資金計画を立てるとき、まず最初のステップとなるのが現在の自己資金の洗い出しです。住宅購入は高額なため、自己資金(頭金)として一部を支払い、足りない分は借り入れ、その借りた分を月々のローンで返済します。

通常、自己資金の割合はなるべく多くして、最低でも諸費用その他を合わせて、建物の総工事費の20〜30%以上は準備しておいたほうが良いといわれています。かといって、貯蓄がギリギリ足りていたとしても要注意。貯蓄をすべて使ってしまうと、後々の生活に支障をきたすことにもなりかねません。急な出費も想定しながら余裕を残しつつ、頭金としていくら捻出できるかを計算してみましょう。

頭金として出せる金額がわかったら次は?

自己資金を確認したら、次は住宅ローンで毎月いくら返済するかを概算します。現在支払っている家賃や今後のライフプランなどを慎重に考えながら、毎月無理なく返済できる金額を算定しましょう。収入は手取り額で計算すること、そして、できるだけボーナスには頼らないことを前提にして考えます。ボーナスは予備の資金として、使わなければ蓄えに。繰上げ返済などができるように備えておくのが理想です。

無理なく返済できる額がわかれば、ここで資金計画の概要を整理しておきましょう。ライフプランとして考慮する内容に漏れがないか、いざというときの余裕を持っているか、もう一度確認します。

頭金として出せる金額がわかったら次は?

資金計画は立てたけど、ローンって金利とかいろいろややこしくて…

資金計画を立てたら、借入額の試算をしながら住宅ローンを検討します。借入額の試算は簡単。金融機関のホームページにいくと、住宅ローンのシミュレーションができるサイトがありますのでそこで概算してみましょう。色々と試しながら、どれくらいの金額なら無理なくローンを支払っていけるのか、概算しましょう。「難しい言葉が多くて…」「ローンの種類が多すぎてわからない…」と悩んでしまう人は、営業担当に相談してみてください。


ページTOPへ

注文住宅カタログ請求