オーナーさまを訪ねて 家族の住まい物語 築2年 トップページへ戻る

毎日、リビングから車を眺めて、ニヤニヤしてます。

まるで家族のように愛車と暮らす生活。その魅力を語っていただきました。
2009年竣工 愛知県・O氏邸
白と黒のカラーリングが素敵なリビングで、ご夫妻にお話をうかがった。「会社から帰ってきて、リビングに入ると、まず車を眺めますね。そして、思 わずニヤニヤしてしまいます」と、ご主人が楽しそうに話される。以前マンションに住まわれていたころは、他の人の車と一緒の屋根のない駐車場で「気が気じゃなかった」というお話。それに比べて、今はまるで家族のごとく愛車と暮らす日々をおくっておられる。「いろいろわがままを言いながら、2年半ぐらいかけてプランニングしました。その間にイメージが頭の中にできあがっていったので、実際暮らしはじめたとき、すでに馴染みがあったんですね。違和感がまったくなかった」とおっしゃる。奥さまは、フラットで掃除がしや すいなど、使い勝手についてもとても満足されている。「システムキッチンもいろいろ探し回って決めて、それからそれに合うようにキッチン全体を設計してもらったんですよ」。多忙なご主人だが、休日は、奥さまとふたり自宅でのんびり過す時間が増えたという。たいていは、この愛車が見えるリビングでくつろがれているそうだ。
吹抜けの玄関ホールには、ご主人のミニチュアカーのコレクションが。