• 商品紹介
  • 外観マップ
  • インテリアマップ
  • ライフスタイル提案
  • 小堀の住まい作品集
  • 実例紹介
  • 構造・性能
二世帯住宅
二世帯住宅を考える
こんな暮らしプラン例
暮らしに差がつく二世帯仕様
展示場
イベント情報

どんなカタチの同居スタイルが理想ですか?

PLAN 1 半独立隣居タイプ 中庭で家族のふれあいをつくる PLAN 2 食生活個別タイプ アウトドア感覚を両世帯が楽しむ
PLAN 3 完全同居タイプ 離れで趣味を堪能する暮らし  PLAN 4 完全隣居タイプ 気兼ねのなさと共に暮らす

PLAN1


[中庭の提案]家族のシンボルとして。両世帯が出会う場所。

緑あふれる中庭は、家族のふれあいスペース。
中庭を介して、さりげなくお互いの存在が感じられるよう工夫しました。四季の花を咲かせたり、ハーブを育てたり、暮らしに楽しみが広がります。

中庭を両世帯のコミュニティ広場に。

玄関を共有にし、各世帯の居住空間を左右に振り分けたプラン。
その中心に、ぜいたくなほどのスペースで中庭を確保し、両世帯のコミュニケーションを深める空間として位置づけました。各居室にたっぷりの光と風が届き、心地よさが実感できます。



親世帯

一見ささいなことも、毎日繰り返されるとストレスになるのが、生活時間や食生活の違い。まだまだお元気なご両親には専用のキッチンと水廻りを設け、暮らしの独立性を尊重しました。
また、居室を中庭に面してレイアウトすることで、子世帯の様子が伝わり、安心感が生まれます。

子世帯

中庭を囲むように配されたLDKは、開口部をたっぷり確保した大空間で、両世帯の集いの場としても十分な広さ。リビングに階段を取り込むことで、子世帯ゾーンの独立性を高めています。
2階子供部屋は、将来に備えた可変空間。協調性を育むオープンなレイアウトから独立した個室への変更が可能です。

ページTOPへ

次ページへ商品ラインナップへ



注文住宅カタログ請求