• 商品紹介
  • 外観マップ
  • インテリアマップ
  • ライフスタイル提案
  • 小堀の住まい作品集
  • 実例紹介
  • 構造・性能
二世帯住宅
二世帯住宅を考える
こんな暮らしプラン例
暮らしに差がつく二世帯仕様
展示場
イベント情報

どんなカタチの同居スタイルが理想ですか?

仲良く使えるキッチン 優しく使える水廻り 快適に暮らす


暮らしに差がつく二世帯仕様キッチン編
 
 
使い勝手で選ぶ、母と娘のジャストな仕様。
 
ヤマダ・エスバイエルホームの快適キッチンは、多彩なバリエーションが魅力。デザインごとに設定されているI型、L型のモデルタイプに加えて、壁付け式、対面式、アイランド式などのレイアウトプランやサイズも豊富に展開。対面式やオープンタイプのアイランド型なら、調理しながらコミュニケーションが図れます。キッチンも暮らしを楽しむ生活空間としてプランニングしてみてください。
敷地条件や間取りにもよりますが、多世代住宅の場合、二人でキッチンに立つことも考えて、ある程度のスペースを確保しておくと、作業がスムーズに。一般的に、使いやすいサイズは、シンク・コンロ・冷蔵庫の位置を結んだ三角形「ワークトライアングル」の三辺の和が、3.6〜6.6mの範囲だといわれています。この三角形が小さいほど作業性は向上しますが、逆に小さすぎると二人での作業がしづらいという場合もありますので、ジャストサイズをお選びください。
コンロ、シンク、冷蔵庫の「ワークトライアングル」三辺の和が3.6〜6.6mの範囲が家事のしやすいサイズ
 
L型タイプ
シンクからコンロへの動線がスムーズ。ゆったりとした調理スペースが確保できるため、作業性が高いのが特徴です。
 
I型対面タイプ
家族との会話もはずむタイプ。作業台と2列に分けると列の間隔は、一人で使う場合でも70cm以上必要。
 
アイランドキッチンタイプ
「作る」と「食べる」を近づけた開放的なスタイル。親子や夫婦でキッチンに立つ楽しみが広がりそうです。
 
二人で使うことを考えて、たっぷり収納・すっきり整理を基本にご提案。
 
省スペースな引き戸が便利な
スライディングトール
 
「動きを邪魔しない」、「収納部を動かす」という新発想。
 
家族が多くなると、収納量の確保は大切な課題。しかも、二人一緒に使うことを考えると、誰もが取り出しやすく片付けやすい収納を心がけなければなりません。
「たっぷり」「無駄なく」「気持ちよく」「美しく」使えるのが、ヤマダ・エスバイエルホームの収納システム提案。例えば、二人でのお料理シーンを想定すると、ドア開閉スペースが必要な開き戸を引き戸にすることで、動きは断然スムーズに。スライド式収納棚(スライディングトール)でしたら、棚板タイプから家事デスクタイプまで多種多彩なデザインバリエーションで、キッチンとコーディネートできます。
 
昇降式吊り戸棚は目線まで下りて、出し入れがラクラク。
 
ウイングドアは、調理中は作業スペースとして、開けたまま使えて便利。
   
 
 

ページTOPへ

次ページへ商品ラインナップへ



注文住宅カタログ請求