GA構法イメージ

都市居住空間の可能性をひろげる。GA構法Great Advanced constructure

進化した木造構法「GA構法」。
おどろくほど広く自由な空間を実現します。

木造住宅でありながら、優れた強さと耐久性を発揮して大開口や大空間などの自由な空間設計を可能にするGA構法。プラン毎の構造計算により適切に耐力壁や柱を配置し、高強度のボルトや金物で建物全体を緊結します。そしてさらに耐力フレームを使用すれば、最大9メートルの大開口が可能に。都市での快適な居住空間を実現し、理想の住まいづくりを支えます。

構造強度
壁倍率に換算して在来工法の
3.5倍の構造強度を確保。
JAS特類1級構造用合板を標準採用した耐力壁を、構造計算によってバランス良く配置。在来軸組工法の3.5倍の強度があり、地震時の強い横揺れや繰り返しの揺れにも優れた強さを発揮します。
壁体内換気システム
壁体内換気システムで
住まいの耐久性を高めています。
壁体内に空気の通り道をつくって内部結露を防ぐ壁体内換気システムをGA構法にも搭載。床下全周換気システムと併せて建物全体の乾燥状態を保ち、住まいの強度と耐久性を高めます。

最大9メートルの大開口を可能にする耐力フレーム。

耐力フレーム
最大9m
強度を保ちながら柱のない大空間をつくり出す、門型の耐力フレーム。強度検査を行った高品質の集成材を使用した平角柱を、高性能のボルトで結合し、最大間口約9mの大開口を実現しました。また、階高も最大約4.5mが可能。車3台分のビルトインガレージやショールームのような大開口など、自由なプランニングをかなえます。
柱脚金物
引き抜き耐力は在来工法の約5倍。
大型基礎に直接取り付ける柱脚金物。
基礎と躯体の接合部分は、地震の横揺れで大きな負荷がかかる場所。主要な柱と基礎の間には、柱脚金物を採用しました。高強度なアンカーボルトを基礎に直接取り付け。在来工法の約5倍の引き抜き耐力で住まいを守ります。

その強さは、実験でも証明。接合強度の高いボルトや金物を採用。

地震や台風などによる外力が集中する柱や梁の接合部分は、建物の強度を高める重要なポイントです。GA構法では、凹凸のある特殊なボルトを木材にねじ込んで通常の約2倍の強さを発揮させたり、木材の断面欠損を少なくして接合部の強度を保つ金物を採用し、建物全体を緊結する構造。その強さは、さまざまな実験によっても証明されています。
接合金物
柱梁接合部強度実験
接合部分にさまざまな外力を加える強度実験では、地震や台風に対して接合部自体が抵抗力を発揮していることがわかります。
水平加力実験
耐力フレーム水平加力実験
特殊なボルトや金物を使った耐力フレーム全体の強度実験も実施。水平加力実験では地震の横揺れに強いことが立証されました。

この構法の商品ブランド

villenzz(ヴィレンツ)