高砂の家

高砂の家

高砂の家 リビング「小堀の住まい」

施主は高砂の旧家で生まれ、4人兄弟の長男として育ち、計画の当初には結婚されたばかりだった。施主の要望で特に印象的だったのが2つ「4人兄弟という賑やかな環境で育ったことが、今になっても本当によかったと感じている。私達もできれば同じ様にたくさんの子どもを授かりたいと思っています…」少子化が問題視される中、なんとも頼もしい言葉である。2つめは「敷地全体をゆったりと使い、部屋ごとに庭が眺められ四季の移ろいを感じられるように…」ということで、この2つの要望を軸に計画をすすめた。

元来、日本の家には必ずといっていいほど庭があった、これは他国にはあまり例を見ない。敷地にたっぷり余裕のある場合に限らずどんなに小さな家でも「ネコの額」程度の庭はつきものだったように思う。「家庭」という言葉が示すように「家」と「庭」とは切っても切れない関係にある。「家」とは人が生活する場で、「庭」は自然が凝縮されたものであり、人は日常の中で自然をより身近に感じることで真の豊かさを享受できるのではないだろうか。

この建物は南側に配置した離れの和室棟、東側の居間ゾーン、北側の個室ゾーン、そして敷地中央にある浴室ゾーンの4つのゾーンとそれぞれに隣接する前庭に南側道路に面した外庭を含めた5つの庭から構成されている。外庭にはサルスベリとシダレモミジを植栽している。サルスベリは「百日紅」と書くように花期が夏の約3ヶ月(7〜9月)と長い。その花が終りをつげると主役の座を紅葉していくシダレモミジが引き継ぎ、行き交う人々に季節の移ろいを感じさせる。中央にある一番大きな中庭は玄昌石のテラスと水盤から構成されていて、そこに植えられたシンボルツリーのソメイヨシノが春の主役となる。水盤は水面の波紋が様々な表情を魅せ、陽射しの反射が天井や壁面に揺らぎの映像を映し出す。又、離れの和室からは、水盤を渡り中庭を通ってにじり口より浴室ヘ誘うように趣向を凝らしている。和室前はトクサを配しただけのシンプルな庭である。中庭とは視界的にはつながっているが、水盤をお濠のように廻らすことで精神的な距離感を図り、シンプルな庭に緊張感を与えている。浴室前は主寝室と共有した庭でここに植栽したワビスケは秋から春先に小振りの白い花をつけ、冬にも見せ場をつくってくれる。将来的にはもう少し庭を造りこみ、飛び石を打って主寝室から浴室へと庭を渡り歩けるよう、更には露天風呂もと構想を描いている。

最後の庭は北側の子ども室の前にある。子ども室は当初1ルームだが、その人数や成長に合わせて可変的であり、4つの個室が確保できるように設定している。この子ども室の前庭は初めから造りこむのではなく、子ども達がこの世に生を受けたときに記念樹として苗木を植え、子ども達と共に成長していく庭としている。庭の西側(2階)には父親の書斎があり、対面の東側(1階)には母親の家事コーナーがある。両親がいつでもこの庭と共に子ども達の成長を見守っているという事であり、これから誕生する子ども達と「一歩一歩、家族の歴史を刻み、絆を深めていく」という思いをこの庭に込めている。

追記
計画中に一人目の元気な男の子が誕生した。竣工時には歩けるまでに成長していて、早速、植樹式を執り行った。選んだのは、アオダモの木である。この木はバットの原料となる木で、近年では数が激減している事からプロ野球選手などの手で主に北海道などでよく植林されている。施主は青春時代を野球に打ち込まれていた。又、北海道は大学時代を過ごされたという地であり、結婚式も挙げられたほど思い入れのある地であり、こういった理由からこの木が選ばれた。

先日、伺った折には12月に第2子出産予定とのこと、「次はなんの木にするか又相談にのって下さい。」という吉報を頂戴した。

高砂の家 和室土間「小堀の住まい」

高砂の家 浴室「小堀の住まい」

高砂の家 中庭の水盤「小堀の住まい」

高砂の家 外観01「小堀の住まい」

PREV

NEXT

お問い合わせ

ヤマダホームズ

  • Facebookにシェア
  • ツイートする
  • LINEに送る

ページトップへ

Copyright © 小堀の住まい All Rights Reserved.

推奨ブラウザについて

当サイトを、正常かつ快適にご利用いただくために、以下のWEBブラウザでご覧いただくことを推奨しています。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもお客さまのネット環境・Webブラウザの設定によっては、ご利用できない、もしくは正しく表示されない場合がございます。あらかじめご了承ください。

[推奨ブラウザ]

  • Internet Explorer 9.x 10.x 11.x (互換表示での閲覧は非推奨環境となります)
  • Firefox 最新版
  • Safari 最新版
  • Google Chrome 最新版
閉じる