隙間を操る

隙間を操る

隙間を操る 外観「小堀の住まい」

この地域一帯は、都市環境を確保するために建築物の制限を定めた地区計画の区域内にあり、ゆったりとした住環境を形成している。

閑静な住宅地の一角にあるこの敷地は、道路や隣地との高低差もなく、非常にきれいな区画であった。

クライアントから「白と黒のモノトーン」「明るく開放的な空間」など、いくつかのキーワードを頂いたが、中でも明るい空間にゆったりと住みたいという要望を実現するために、光を取り込みながらいかに周囲からの視線を遮るかが重要な課題であった。 まず初めに、家族が集うゾーンや各個室ゾーン、収納ゾーンといった7つのゾーンに分け、それぞれを用途別に高さや広さの違うキューブ(立方体)にした。

そしてそのキューブを、周囲からの視線を遮るように境界際へ配置し、それぞれのキューブの隙間を収納や廊下などで繋ぐことにより、ひとつの建築を形成させるという方法を取った。

その隙間を低い壁やガラスで繋ぐことにより囲われてできたスペースに、隙間から光と風が抜け、どこからも覗かれることのない明るく開放的な中庭空間が生まれた。

北側に配置されたLDKにいると、高さを抑えたキューブの上あるいは隙間からは、中庭を介して一日中太陽の光が燦燦と降り注ぎ、ゆったりとした時間の流れを満喫することが出来る。

さらに、中庭に一本木を植えることで枝葉の揺れで風を感じ、空を見ることで時の流れを感じることが出来る。

また各ゾーンへの移動の際は隙間からお互いが確認でき、常に家族の居場所を認識することが出来る仕組みになっている。

キューブの集合体で形成されているこの建築は、隙間を操作することでプライバシーの確保と開放的な空間の実現に成功した。

隙間を操る 中庭「小堀の住まい」

隙間を操る 内観「小堀の住まい」

隙間を操る リビング「小堀の住まい」

隙間を操る 玄関「小堀の住まい」

PREV

NEXT

お問い合わせ

ヤマダホームズ

  • Facebookにシェア
  • ツイートする
  • LINEに送る

ページトップへ

Copyright © 小堀の住まい All Rights Reserved.

推奨ブラウザについて

当サイトを、正常かつ快適にご利用いただくために、以下のWEBブラウザでご覧いただくことを推奨しています。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもお客さまのネット環境・Webブラウザの設定によっては、ご利用できない、もしくは正しく表示されない場合がございます。あらかじめご了承ください。

[推奨ブラウザ]

  • Internet Explorer 9.x 10.x 11.x (互換表示での閲覧は非推奨環境となります)
  • Firefox 最新版
  • Safari 最新版
  • Google Chrome 最新版
閉じる