交差する空間

交差する空間

交差する空間 外観「小堀の住まい」

閑静で緑豊かな住宅地は、古くからの瀟洒な邸宅に加え、新しい建物も増えつつあり、世代交代により町並みが少しずつ変わっていく環境にある。

クライアントは、かねてより多くの建築作品に足を運ばれ、時には住まい手の話を聞かれ、自邸の建築に対する想いをあたためてこられた。その上で御要望されたことは、シンプルな中にも素材感があり、現代のテクノロジーと融合させて家族の安全、住み心地を確保し、仕事場としても機能を持つ建築にされたいということであった。

全体計画を行うにあたり、まず西側にある実家と建築地をどのように関係付けるかということを考慮した。西側は駐車場スペースと庭園につながり、借景も期待でき、庭を通して西側道路にも抜けている。実家に繋がりを持たせつつ圧迫感を与えないよう配慮し、建物への導入部分を道路側と西側の両方に開放しそれぞれを石貼にすることで、互いの境界を曖昧にし、植栽帯の余白を持たせることで、あたかも角地からアプローチするように構築した。門から玄関へのアプローチはゲートを兼ねたコンクリート打放し壁の存在が内包された安堵感を生み、道路と敷地を区切る屏風的役割となっている。

量感を持った壁は建物との間に露地空間を創り出し、無機質な壁に緑が映え、砂利敷に置いた行灯照明が和室の地窓に映し出され玄関へと誘う。そして、その地窓越しに小さな和室庭の黒竹が障子に映り込む。

平面、断面は建蔽率制限を感じさせないよう、内外のつながりに配慮した。視線を内から外へ運ぶことで空間が増幅され、広がりに対する期待感や連続性という視覚的効果をもたらすため、西側庭と連続させるようにライトコートを挿入し、開口部を集中させ、吹抜と組合せることでガラスや空間を通して建物内外の様々な方向に視線を走らせた。リビングの両サイドには玄関から吹抜を通り2階へ抜ける軸と、駐車場から階段室を伝いセカンドリビングや収納へ抜ける軸が更に東側の空へとつながる。また、これらと直行する広縁西庭からホールを通り駐車場へ抜ける軸と、ダイニング西庭からキッチンを伝い東へ抜ける軸は両側の外部空間をつなぎ合わせ、これらの交点からは建物全体の気配を感じ、目線はとどまることなく外室へつながり、開放性を高める場となる。

2階の寝室に連続させた書斎は独立性を持たせつつも子供たちの気配を感じる場所であり、仕事の合間に南のバルコニーで一服できるプライベート空間でもある。ファサードは、ライトコートで建物を分離することで大きな塊とせず、機能を持ったそれぞれの空間がシンプルに集合したように組み合わせた。それぞれの存在感が引き立つように土、石、コンクリートの素材がメリハリを持って積み重なり、開口部分は熱効率や視線を考慮し、大きさや透明感を押さえ、連続させることで建物を上下に分離し浮遊感を持たせている。

今回の計画おいては、空間への配慮はもちろん、建物を高気密、高断熱化すると共に、全館空調システムやスマートフォンとの連動等により日常生活にテクノロジーを組入れることで、より快適な生活環境をもたらせるようになった。機能性にも十分配慮した家族に優しいオールインワンの建築を築き上げる事ができたのはクライアントがこれまで時間をかけて培ってこられた想いと感性の賜物であると感謝する。

交差する空間 リビング「小堀の住まい」

交差する空間 リビング02
				「小堀の住まい」

交差する空間 和室「小堀の住まい」

交差する空間 外観02「小堀の住まい」

PREV

NEXT

お問い合わせ

ヤマダホームズ

  • Facebookにシェア
  • ツイートする
  • LINEに送る

ページトップへ

Copyright © 小堀の住まい All Rights Reserved.

推奨ブラウザについて

当サイトを、正常かつ快適にご利用いただくために、以下のWEBブラウザでご覧いただくことを推奨しています。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもお客さまのネット環境・Webブラウザの設定によっては、ご利用できない、もしくは正しく表示されない場合がございます。あらかじめご了承ください。

[推奨ブラウザ]

  • Internet Explorer 9.x 10.x 11.x (互換表示での閲覧は非推奨環境となります)
  • Firefox 最新版
  • Safari 最新版
  • Google Chrome 最新版
閉じる