関谷の家

関谷の家

関谷の家 リビング「小堀の住まい」

自然豊かな高台の環境にあり、20数年前に別荘地として開発された高級住宅地である。周辺は邸宅毎にたくさんの緑地帯が設けられ環境をよりよいものに保っている。また南側には山が目前に連なり贅沢な借景となっている。

今回の計画は約20年前に建築家と共同設計された住宅の2世帯住宅への建替え計画である。何度かのスタディの結果、互いのプライバシーを尊重した動線計画を確保すること、既存のガレージとその上のゲストハウスである和室続き間をリメイクし新築部分とガラスブリッジでの接続を再現させることになった。

特に既存の門扉や暖炉、庭に生息する植木には愛着をお持ちであり、出来るだけ残し、再利用されたいということでもあった。既存部分を再生するため接続部分のブリッジと門扉の幅を確保し南庭に視線を残しブリッジ部分に合わせた断面計画を行い、新たな緑地帯も設置した。

エントランスは子世帯のガレージの増設により、既存RCゲートをカットし、オープン空間を広げ、門扉を南に移動させた。門から各世帯の玄関に通ずるエントランス階段の位置を視線がクロスしないように平行して並べ、門扉の手前には道路から視線を外した通用口を設け、それぞれの世帯の日常動線のルートとして配置している。

1階世帯は玄関のガラスドア越しに東の坪庭に目線が抜け、新たに植えたソヨゴが道路側からの目隠しにもなっており、その足元には以前の坪庭にあった石を再利用して並べた。また既存のガレージから復元したガラスブリッジも1階ホールへ繋ぎなおし、既存植栽との調和を図るため、柱、梁を現し、木製サッシで框を隠し、庭との境界を曖昧にした。床から庭に連続する木製デッキが内部から外部へとつながり、植栽との緩衝地帯として外室の役割を果たしている。

2階世帯は玄関サイドからガラスの屋根と壁で囲まれたテラスを通し空と東に視線が抜ける。LDKは持ち上げた屋根に嵌めた3方向のガラスが開放性と明るさをより増幅させている。またバルコニーへの開口部を連続して設置することで山がパノラマで見られるようになっている。新設ガレージ上に設置した子供部屋はスキップフロアーにより床を落とし、天井部分から光を取り入れ、ロフトを設置することでさらに空間を広げている。梁下に設けた大きな建具が将来的には独立した2部屋の間仕切り壁に変えられるようにもなっている。以前使われていた暖炉はブリッジの周りの緑地帯にバーベーキューコーナーとして生まれ変わり、新しい暖炉が新たに1,2階に設けられた。既存の庭石も並べ替え、コンクリートの蹲(つくばい)から手水鉢へ水が流れるようになり、外壁のタイルも元々あったように既存の建物の色に同化させている。

今回の計画では2世帯住宅に加え、既存建物との融合ということもあり、様々な問題点もあったが、クライアントのおかげで古きよきものを大切に残しつつ、新しいものと融合させ、新たな魅力に変えていくことができたのではないかと感謝する。

関谷の家 庭「小堀の住まい」

関谷の家 内観「小堀の住まい」

関谷の家 リビング親世帯「小堀の住まい」

関谷の家 ダイニング「小堀の住まい」

PREV

NEXT

お問い合わせ

ヤマダホームズ

  • Facebookにシェア
  • ツイートする
  • LINEに送る

ページトップへ

Copyright © 小堀の住まい All Rights Reserved.

推奨ブラウザについて

当サイトを、正常かつ快適にご利用いただくために、以下のWEBブラウザでご覧いただくことを推奨しています。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもお客さまのネット環境・Webブラウザの設定によっては、ご利用できない、もしくは正しく表示されない場合がございます。あらかじめご了承ください。

[推奨ブラウザ]

  • Internet Explorer 9.x 10.x 11.x (互換表示での閲覧は非推奨環境となります)
  • Firefox 最新版
  • Safari 最新版
  • Google Chrome 最新版
閉じる