Aクリニック

Aクリニック

Aクリニック 外観「小堀の住まい」

国道沿いに計画された医療施設である。

クライアントからは、院内検査を備えた予防医療、アンチエイジング医療を目的とし、多岐にわたる診療科目毎の来院者動線、スタッフの作業効率、設備機器・収納の充実、及び医院建築としてのシンボリックなデザイン等を要望された。

来院者の入口となる国道が計画地より高く、信号待ち車両による渋滞も多いため駐車場は安全性を優先させ、北側に設置し、その他の1階部分は高さ制限や内部環境の点から半分地下に挿入し全体条件を整えた。外回りの動線としては東側に目隠しを兼ねた緑地帯を設け、駐車場からの入口と国道側へ抜ける階段を連続させた。上部に持出した診察室、処置室は下を通る来院者の動きをうかがうことができる場所にもなっている。

平面計画は高低差を利用し、2階・国道側にスロープ付の風除室エントランスを設け、正面に受付、サイドにコンシェルジュコーナー、又近接してEV室、階段室をコアに置く事で、来院者を各診療部門へ安全且つスムースに移動できるよう配慮した。

更に2階診療部門は東側ゾーンにカウンセリング室、診察室、処置室、リハビリテーション室の一般治療部門、西側ゾーンには、腸洗浄室、リクライニングベッドを備えたリラクゼーション治療部門を設置し、ゾーン毎に仕上の素材、色、動線を分け、目的や処方の違いを考慮した空間の区分を行った。

またこれらの2つのゾーンの間に検査室を置き、スタッフ動線のコアとしている。

1階に下りると、この医療施設の要の一つであるCT、MRI、X線等の機器を備え、高度な院内検査ができる専用ゾーンとなっており、半地下にする事で明るすぎず、騒音も抑え少しでも落ち着いた空間で検査を受けられる位置に集中させている。

3階部分はアンチエイジング医療を主とした手術室、温熱室、レーザー治療室を備えた施設になっている。国道からはピクチャーウィンドウを通して入るサロン以外は内部が見えないように配慮し、外部との繋がりは中央に設けたライトコートを渡廊下で区切って配列した。それぞれのコートは各治療ブースからの小さな庭にもなっており、ホールからは連続した庭のガラスを通して北側の六甲山へも繋がり、庭に近づくことで空へと視線が抜け、開放性と、プライバシー確保の役割を持つ。

最上階はスタッフや収納スペースであり、休息の場やバックヤードとしての機能を持たせている。

国道を通り、信号待ちをする車や人にとって風景に流されてしまいがちな建築物を大きな広告塔と考え、シームレスガラスによる3層分の吹抜で、全体をショーウィンドウ化し、その中をディスプレイとして一列の文字を飾った。

日が落ちるにつれ、白い壁面が行灯のようにライトアップされ、時間が経過すると電飾された文字がほんのりとガラス越しに浮かび上がり、とてもシンボリックなものとなった。

Aクリニック 受付待合「小堀の住まい」

Aクリニック ネイルルーム「小堀の住まい」

Aクリニック ホール「小堀の住まい」

Aクリニック ライトコート「小堀の住まい」

PREV

NEXT

お問い合わせ

ヤマダホームズ

  • Facebookにシェア
  • ツイートする
  • LINEに送る

ページトップへ

Copyright © 小堀の住まい All Rights Reserved.

推奨ブラウザについて

当サイトを、正常かつ快適にご利用いただくために、以下のWEBブラウザでご覧いただくことを推奨しています。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもお客さまのネット環境・Webブラウザの設定によっては、ご利用できない、もしくは正しく表示されない場合がございます。あらかじめご了承ください。

[推奨ブラウザ]

  • Internet Explorer 9.x 10.x 11.x (互換表示での閲覧は非推奨環境となります)
  • Firefox 最新版
  • Safari 最新版
  • Google Chrome 最新版
閉じる