シンプル&モダン

コンセプト インテリアイメージ
外観デザイン 提案プラン
PRESENTATION

夢や憧れ、個性や感性、趣味やライフスタイルなどは、一人ひとり異なるものです。
それぞれがもつ「自分流」を大切にしたいから、「自分流」のスタイルを反映した住まいを創りたい。
企業建築家集団が、その想いを受け止め、想いを超えるプランとしてご提案します。
プレゼンテーションの一例をご覧ください。

PRESENTATION01 南に閉じる PRESENTATION02 もってなしとくつろぎ PRESENTATION03 愛車をながめる暮らし
PRESENTATION04 帰路を楽しむ PRESENTATION05 空中庭園を持つ住まい PRESENTATION06 限られた空間を楽しむ
PRESENTATION02
PRESENTATION02 もってなしとくつろぎ
限られた空間の中でも、プライベートとパブリックは明確に分けたいという要望で設計した住まい。
外を遮断し静寂に包まれた和室を、もてなしの場として独立。地窓越しに切り取られた中庭を望むなど、“最小の空間でもてなしの心を最大に伝える”という茶の心に通じた風情が、訪れる人を楽しませる。対照的に、その奥に広がるプライベートな空間は、キッチンを中心に全体が見渡せるオープンな構成。
一日中家族が集まり活動する、生活の中心となる場にした。
「公」と「私」、「静」と「動」。対照的な空間が隣り合うことで、日常生活に心地よい緊張感が生まれる。
調理や食事をしながら、あるいはお茶を楽しみながら
常に家族と語り合えるキッチンを、住まいの核として提案。
 
寝室や子供室から中庭をながめ、
季節の移りかわりを感じたり、廊下との
コミュニケーションを楽しむことができる。
外構の内側に設けたアプローチは、茶室へと続く露地を思わせる。動線を伸ばし、途中に待合いを設けるなど、訪れる人の心が徐々に落ち着き、ゆったりとしたものになっていく過程を演出した。
中庭を挟んで、閉ざされたパブリックスペースとオープンなプライベートスペースを明確に分離。茶室をイメージし、天井を低くした和室の屋根を伝って陽光が中庭へと流れ込み、奥のキッチンまで明るく照らしている。

ページTOPへ

商品ラインナップへ

次ページへ

前ページへ