二世帯住宅
二世帯住宅を考える
こんな暮らしプラン例

どんなカタチの同居スタイルが理想ですか?

PLAN 1 半独立隣居タイプ 中庭で家族のふれあいをつくる PLAN 2 食生活個別タイプ アウトドア感覚を両世帯が楽しむ
PLAN 3 完全同居タイプ 離れで趣味を堪能する暮らし  PLAN 4 完全隣居タイプ 気兼ねのなさと共に暮らす

PLAN4 完全隣居タイプ

気兼ねのなさと共に暮らす安心感を両立。
総2階建ての子世帯住居と平屋の親世帯住居をジョイントさせたような連棟プラン。狭小間口ながら、二世帯が隣同士で分居する左右分離型の間取りを実現しています。室内ドアを設けず完全に分離させたことで、区分登記が可能に。外観はひとつの建物でも、法律上は2戸別々の建物とみなされるため、将来的には賃貸住宅にしたり、単世帯のご兄弟が住まうことも可能です。
親世帯
2階に子世帯居室がのっていないので、生活時間が違っても音の問題を気にせずにすみます。南面に庭を望む、落ち着きのある和室は居間兼寝室に。コンパクトながらも夫婦二人の生活の使い勝手を考えた、快適さが魅力のレイアウトです。
子世帯
1階にパブリック、2階にプライベートな居室を集約。独立タイプのキッチンは、少々片づけが苦手でも平気という、ミセスにうれしいレイアウトです。南面のリビングは、両世帯の交流にも十分な広さを確保。2階にはアウトドアリビングと呼べそうな8帖大のバルコニーを配しました。
 

界壁にすることで区分登記を可能にしています。( 部分)

ページTOPへ

前ページへ商品ラインナップへ