世代を超えて住み継ぐ。「長寿命の住まい」気の住まいで長寿目用をかなえるために、劣化の原因になる湿気対策を徹底しました。壁の内部に発生する結露を自然エネルギーで排出する換気システムを開発。一邸ごとに将来のすまいの老朽化を予測して必要な対策を実施しています。
いつまでも安心・快適に暮らすために
長持ちする木の住まい。
いつまでも安心・快適に暮らすために長持ちする木の住まい。
壁内換気システムが木の住まいの劣化を防ぐ。
木の住まいの寿命を縮めるのが、湿気による木材の劣化。 特に近年の高気密・高断熱の住まいでは、構造材の中に入り込んだ湿気が逃げ場を失って結露する「内部結露」が発生し、住まいの耐久性を損なう原因になっています。 内部結露を解消して住まいの耐久性を高めるのが「壁内換気システム」。 温かい空気が上昇する性質を利用した自然の換気システムで、壁の中に通気層をつくって空気とともに湿気を排出します。
結露のイメージ
邸別設計で、住まいの耐久性を高める仕組み「Loop」。
立地条件や間取りによって内部結露の発生状況は異なるもの。 私たちは、一邸ごとに、長く快適に暮らせる住まいづくりをご提案しています。 「邸別パネル設計」で壁内部の通気効率を一邸ごとに最適化し、「邸別生産方式」で高品質・高精度の部材を厳しい管理のもと生産・出荷。 さらに、見える窓「Lupe(ルーペ)」で、完成後の構造躯体内部チェックも実現し、住まいの耐久性を末永く見守ります。
内部結露を追放する壁内換気システム
内部結露を追放する壁内換気システム概念図 ※基礎はMS基礎工法仕様です。屋根形状により空気の流れは一部異なります。 ※構法により一部使用が異なります。
■壁内換気システムの様々な効果
1. 3世代にわたる耐久性を実現。
壁内部の結露を防止することで構造材の腐食を防ぎ、湿気を好むシロアリを寄せつけないとともに、乾燥状態を保つことで新築時の構造耐力を維持します。
2. いつまでも省エネの住まい。
断熱材の濡れを防止することで、断熱効果をより長く維持させることができます。
3. 夏涼しい住まいを実現します。
夏、壁内換気を行った場合と行わない場合を比較したとき、外壁から侵入する熱が減少します。
4. 冬期の防湿効果を高めます。
壁内部に湿気が溜まりやすい冬場でも壁内換気システムの働きにより、湿気を排出し高い防湿効果を発揮します。
自然のエネルギーを活用して内部結露を追放。
住まいの耐久性を高める「壁内換気システム」。
■構造躯体を常に乾燥した状態に保ち、構造材や断熱材の劣化を防ぎます。
床下から壁内部を通り小屋裏から屋外へ。 空気とともに内部結露の原因となる壁内の湿気を排出する壁内換気システム。 太陽で温められた空気が上昇する性質を利用した自然の換気システムで、半永久的に効果を発揮し住まいの耐久性を高めます。 ポイントは、VFパッキンによる床下全周換気と壁パネルの中に設けられた通気層。 湿気がこもりやすい部分に空気の流れをつくることで、建物は常に乾燥状態に。 湿気による構造材の腐食とともに断熱材の劣化も防ぎ、長く快適な暮らしをかなえます。
自然のエネルギーを活用して内部結露を追放。住まいの耐久性を高める「壁内換気システム」。構造躯体を常に乾燥した状態に保ち、構造材や断熱材の劣化を防ぎます。
■壁内換気+外壁通気層のW通気工法で約75~90年の耐久性を発揮。
壁パネル内部に通気層を設けた壁内通気システムに加えて、壁パネルと外壁材の間にも外壁通気層を設けました。 2つの通気層で内部結露を徹底的に解消するため、構造躯体は約75~90年の耐久性を発揮。 住宅性能表示制度「劣化の軽減」の最高等級に対応しています。
壁内換気+外壁通気層のW通気工法で約75~90年の耐久性を発揮。
  • 壁内換気の仕組みを、わかりやすい実験動画でご覧いただけます。
  • 壁内換気の原理
  • 壁内の湿気を排出する実験
住まいの長寿命化システム「Loop」
いつまでも、強く快適な住まいへ。
Loop[ループ]は、住まいの高耐久性を実現するために、一邸ごとに間取りや敷地条件、周辺環境を壁内換気パネルの設計システムに組み込んで最適な構造躯体をつくりだす「住まいの長寿命化システム」です。 このシステムにより壁内の換気能力を従来に比べて64.5%向上させました。
※当社壁内換気システムの実績と検証データによる。
【LOOP4つのポイント】1.湿気を追い出す「壁内換気システム」 2.住まいを見る「Revoみえる図」 3.最新技術で高耐久「ドライせる&耐湿パネル」 4.住まいを診る「見える窓Lupe」
一邸ごとに壁内の通気効率を最適化し、耐久性を向上させる「LOOP」。
建築条件によって発生状況が異なる内部結露を一邸ごとに予測・対策して、住まいの高耐久化を実現。
■耐久性の将来を予測する。
耐久性の将来を予測する。Revoみえる図
立地環境や間取りなどによって内部結露発生のリスクは異なります。長年に亘り培ってきた住まいづくりのデータをもとに、一邸ごとに壁内部の通気効率を最適化して結露を予防。 さらに将来的な内部結露のリスクを見える化した「Revoみえる図」で、設計段階から住まいの老朽化の危険度を予測し、将来に備えます。
「Revoみえる図」で、設計段階から住まいの老朽化の危険度を予測し、将来に備えます。
■壁内部を定期的に診断。
壁内部を定期的に診断。見える窓Lupe
建物が完成した後も壁内部の乾燥状態などを定期的に点検できる「見える窓Lupe(ルーペ)」。 長年にわたる結露対策のデータとノウハウを活かし、構造躯体全体の健全性維持と内部状態の診断を可能にしています。
見える窓Lupe
【特許:第4995161号】木質系建物の劣化診断システム。ドライセルと耐湿パネルの設置例
■含水率の予測をもとに設定した危険度に合わせて、湿気をコントロールできる部材を配置。
「壁内換気システム」で壁内部に通気層をつくるほか、構造上通気が難しい場所や水まわりなど、結露発生リスクが
高い場所には「ドライセル」「耐湿パネル」などの部材を計画的に配置しています。
ドライセルの吸放湿シートは外気の湿度が高い時に湿気を吸い取り、低い時に湿気を吐き出して安定した湿度を保ちます。その効果は、実験でも証明されています。
約220度の熱処理により高い防腐性能を持つパネル桟材や防湿せっこうボードを使用した「耐湿パネル」は、湿度が高い空間(浴室、洗面所等)に適したパネル、湿気による木材の老朽化を抑制します。
壁内換気システムの効果
いつまでも、強く快適な住まいへ。
■構造材の含水率は工場出荷時の19%よりも低く、断熱材も乾燥した状態を保っていました。
創業以来快適な住まいづくりに取り組み、30年以上も前から壁内換気システムを開発。 壁内換気システムを採用した築24年の住宅をリフォームのため解体・検査したところ、含水率は住まい全体で19%以下、湿気がたまりやすい水まわりも含めて低い値が保たれていました。 住むほどに乾燥がすすみ、断熱材も初期性能を維持しているなど、壁内換気システムが快適性や耐久性に高い効果を発揮していることが証明されました。
壁内換気システムの効果ーいつまでも、強く快適な住まいへ。
構造材の含水率は工場出荷時の19%よりも低く、断熱材も乾燥した状態を保っていました。
合板室内側の平均含水率
ページTOPへ