高性能の住まいづくりのために素材からこだわる。
「J-GRADE材」の採用。 厳選された高品質資材 万全の湿気対策

木質接着パネル桟材には最高級品質グレード「J-GRADE材」を採用。

住まいの躯体として建物を支える役割を果たしているのが「木質接着パネル」。その枠材には、北米で製材される2×4材25本あたり1本しか取れない最も上質な「J-GRADE材」を使用しています。木質パネルが安定した高品質を保てる理由の一つです。
※一部対応していないパネルもあります。

カナダで生産される高品質資材。

強度に優れた高品質木材だけを厳選し直輸入することで一貫した品質管理を可能にしています。

輸入元は、生態系に配慮した木材調達を評価する「森林認証」取得の提携企業。森林サイクル維持と高品質木材の安定生産を両立させる管理型森林計画で伐採された木材から、高強度・高品質のものを厳選して直輸入。生産から輸入まで一貫して品質管理を実施しています。

壁パネルに使用する木材は14項目にわたってチェック。JAS基準を上回る厳しい自主検査。

厳しい品質管理下で輸入された木材は、さらに工場内で「抜き取り」ではなく「全品」検査にかけられます。特に壁パネルの枠材に使用する木材はMSR検査(非破壊検査)を含む14種の検査で、JAS基準を上回る厳しい検査規定。精密機械と高いスキルを持つ検査員の目、二重三重の検査工程を通すことで高品質材のみを厳選します。


MSR検査(非破壊検査)

ずっと強い住まいのために、含水率19%以下の木材のみを使用。

乾燥した木材を万全の湿気対策で輸入・搬入。

厳しい基準をクリアした含水率19%以下のキルンドライ材を、気密性の高いコンテナでほとんど外気に触れることなく輸入・輸送。倉庫への搬入・搬出や保管も雨を避ける上屋のある場所で実施。万全の湿気対策で木材の乾燥した状態を守ります。

コンテナのまま船積み・輸送

屋根のある倉庫で保管

木材の乾燥状態を管理・維持。

工場に搬入された木材が含水率19%以下を維持できているかを、マイクロ波透過式含水計で再チェック。建築後も独自の壁内換気システムで乾燥状態を保ち続けることで「ずっと強い」住まいを実現しています。

工場内ではマイクロ波透過式含水計で含水率を再チェック。

木の強さと耐久性を左右する含水率。

木材は含水率が高くなるほど強度が低下する特性があります。また、含水率が高いと木を腐らせる腐朽菌も繁殖。含水率19%以下を徹底することで、木の強さと耐久性を向上させます。

ページTOPへ

次ページへ

前ページへ