高性能の住まいづくりのために素材からこだわる。 キリンドライ材を直輸入 品質管理優良工場 生産ライン

厳しい基準をクリアした含水率19%以下のキルンドライ材だけを直輸入。

エス・バイ・エルの住まいの木質接着パネルは、アメリカのウェアハウザー社の木材を素材にしています。ウェアハウザー社は、アメリカ国内に日本国土の40%の広さに相当する程の大きさの自社林を所有する世界有数の木材メーカー。計画的な伐採・植林・間伐という管理型森林計画によって、自然環境を守りながら良質の木材を生産しています。
このウェアハウザー社の厳しいチェックを受けたキルンドライ材(含水率19%以下の乾燥材)を、気密性の高いコンテナでほとんど外気に触れることなく日本へ直輸入。日本の工場で再度検査され、パネル化・部品化されます。このような木材に対するきめ細やかな配慮が、エス・バイ・エルの住まいの高品質な住宅性能を支えているのです。


 

輸送中の潮害や湿気から資材を守るために、
気密性の高いコンテナで運搬されます。
コンテナで運ばれてきた資材は、ここで初めて開封されます。
コンテナ一台に約5.5棟分の資材が積まれています。
 
 

品質管理優良工場の認定を受けた工場。

ハイレベルの住宅品質を守るために、構造部材は品質管理優良工場で一貫生産。全社的な品質管理、社員の品質管理教育の徹底、品質管理診断の実施など、さまざまな規定をクリアしています。

つくば工場 山口工場  
   
 

ヤマダホームズでは全工場(つくば工場・山口工場)において、品質マネジメントシステムに関する国際規格「ISO9001」と、環境マネジメントに関する国際規格「ISO14001」の認証を取得。お客様に満足していただける品質の高い住まい、地球環境に配慮した住まいのご提供をお約束いたします。

 
 

高度な品質管理のもとで構造材が生産されています。

 

1 資材を一本一本検査

割れ、キズ、反りがないかなど14項目にわたって検査。

3 部材の組立

マイクロ波自動感知器で含水率をチェックし、19%以下の資材のみを使用します。

2 部材の種類ごとに長さ、幅、溝を加工

検査に合格した資材を所定の長さ、幅、厚みにカット。同時に壁内換気孔や梁受金具用の溝などを自動的に加工します。

3 部材の組立

カットされた枠材を、用途に応じて壁パネルや床パネル用などの枠に組み立て、ジョイント部分を両面からタッカー止めしていきます。

4 構造用合板と枠組を接着

接着力が強く耐水・耐久性に優れた水性高分子イソシアネートという接着剤を使用。

5 パネルをしっかりと圧着

できあがったパネルに約20分間圧力をかけてプレス。これで台風や地震などにもビクともしない高強度パネルになります。

6 全品検査を実施し、パネルが誕生

1枚1枚厳密な全品検査を行ない、品質管理を徹底しています。

7 邸ごとに部材を選び出して邸名を明記

できあがった部材は種類ごとに分別。建設現場へ届けられる前日にコンピュータのデータに基づき、1邸ごとに必要な部材を選別、邸名を明記します。

 

ページTOPへ

次ページへ

前ページへ