60th Anniversary site

SXL

次の住まいプロジェクト

Project01
Themes 次の「子どもの思い出に残る住まい」を考える。
結果発表!

2011年、エス・バイ・エル60周年の幕開けとともに
2月末まで募集してきた「次の住まいプロジェクト」第1回目。

テーマは“次の「子どもの思い出に残る住まい」を考える”でした。
そのヒントは皆さんの子ども時代の思い出にあると考え、
皆さんからツイートで募集し、たくさんの投稿をいただきました。
ありがとうございました。

微笑ましくもノスタルジックな思い出の数々は
投稿した方のTwitterフォロワーの注目を集めたりもしたようです。

いただいたTweetを受けていよいよ、
エス・バイ・エルの企業建築家が考えた「次の住まい」プランをご紹介!
皆さんのTweetはどのように活かされたのでしょうか。
ぜひともご覧ください。

いただいたTweetの傾向

WITH WHOM? -「誰」との思い出が一番多くつぶやかれたか。-

「ご兄弟」との思い出が、一番多く集まりました。

Adobe Flash Player を取得

このページでは、Flash Player バージョン 10.1.52 以上が必要です。

「お父さん」「お母さん」より、「兄弟」との思い出が多く集まりました。子ども同士で楽しめる空間が、思い出に残る住まいには重要なのでしょうか。家のどこかを秘密基地にしたり、子どもならではの住まい活用法があるみたいですね。

こんな方との思い出も
おばあちゃんと…… 実家に行くと亡くなったばあちゃんが、いつまでも生きている気がする。人は家と共に育つんだなぁと感じます。  kazutaka82さん おじいちゃんと…… 年末になると、祖父が自室でしめ縄を編み、父が山から松やら葉牡丹やらをとってきて門松を作る。大晦日には、みんなで餅つき。それが、うちの正月でした。 yuqimaiさん

WHERE? -「どこ」にまつわる思い出が一番多くつぶやかれたか。-

「壁」での思い出が、一番多く集まりました。

Adobe Flash Player を取得

このページでは、Flash Player バージョン 10.1.52 以上が必要です。

「リビング」や「子ども部屋」という家族や子ども同士があつまる場より、「壁」や「大黒柱」、「窓」といった特定の箇所に焦点をあてたものが多く集まりました。「壁に落書き」「大黒柱に身長を刻む」という家のどこかになにかを残した思い出が皆さんの中で印象的なようです。

こんな場所での思い出も
掘りごたつで…… 子供の頃の住まいの思い出と言えば、掘りごたつ。暖かかった。天気の悪い日には、コタツは乾燥機がわりに。。。そのせいで我が家のテーブルはしばしば斜めっていた。  kentayeahさん 蔵で…… 子供ながらのいたずらや悪さをすると、蔵(土蔵?)に閉じこめられて非常に恐ろしい思いをしました・・・ aru_13さん

子どもならではのこんな思い出も

幼稚園の頃、よくお兄ちゃんに「トイレの前で待っとけ!!」と命令されて何も考えず何分も待っていたな~。。兄貴…実は怖がりやってんな。。 2basa33さん 夜のトイレは、子どもにとって怖い場所。ご兄弟のかわいらしい情景が目に浮かびます。

ガン消しやロボットのおもちゃで友達と戦うとき、家の押入れの中は鉄壁の秘密基地。おもちゃと一緒に真っ暗な押入れに入って、宇宙で戦っている想像をしていた。 Karugo108さん 「秘密基地」という言葉は、思い出を象徴するワードのひとつのようです。ほかにも秘密基地エピソードを多くいただきました。

ゲームをしすぎと怒られ、母にスーパーファミコンを窓から投げられた。雨の日で、レンガの上に落ちた。あとで拾いにいって電源を入れたら動いて、兄と握手した。tetsuya_oshiroさん 思わず笑わずにはいられませんでした。お母さまの大胆さとスーパーファミコンの強靭さに驚きました。

幼い兄弟ならではの思い出や、大人に叱られた話。子どもの想像力あふれるエピソード。

いくつになっても覚えているような思い出をこれからの子どもたちにも残せるような住まいは
一体、どんな住まいなのか。

エス・バイ・エルの企業建築家からは、二人の息子の父でもある小山が参加。
皆さんのTweetを受けて、考えました。

いよいよ次ページで次の「子どもの思い出に残る住まい」をご紹介!

今回、皆さんのTweetから生まれる、次の「子どもの思い出に残る住まい」を一緒に考えたのは…

小山 信行 Koyama Nobuyuki

小堀の住まい設計工房所属。昭和39年6月21日生まれ。
高校一年と中学一年になる息子2人と妻の4人家族。
自称ひねくれもののO型。趣味は読書と水曜大工(※水曜は社の公休日)。

小山の詳細プロフィールはこちら。

皆さんのTweetから生まれた次の「子どもの思い出に残る住まい」を見る

Copyright (c) 2011 SxL Co.,Ltd. All rights reserved. エス・バイ・エル株式会社