60th Anniversary site

SXL

次の住まいプロジェクト

Project02
Themes 次の「人を呼びたくなる住まい」を考える。
結果発表!

前回好評を博した「次の住まいプロジェクト」。
その第2回目、テーマは"次の「人を呼びたくなる住まい」を考える"。
皆さんからヒントをいただくため、「印象的なお宅のエピソード」を募集しました。 たくさんの貴重な投稿をありがとうございました。

思いもよらないエピソードが多く集まりました。
人を呼びたくなるような工夫は、
住まいのいろいろな部分に多様な方法で施すことができるようです。

いただいたTweetを受けていよいよエス・バイ・エルの企業建築家が考えた
「次の住まい」プランをご紹介します!

こんな住まいなら確かに、人を呼びたくなる!そう思っていただけると、幸いです。

いただいたTweetの傾向

WHERE? -「どこ」に関するエピソードが一番多くつぶやかれたか。-

「部屋」に関するエピソードが一番多く集まりました。

Adobe Flash Player を取得

このページでは、Flash Player バージョン 10.1.52 以上が必要です。

お宅に訪問した際、一番ながく過ごすであろう「部屋」に関するTweetが多く集まりました。続いて、2位は「トイレ」でした。意外性のある「トイレ」は印象に残りやすかったようです。

こんな場所にまつわるエピソードも
犬小屋 医者の娘の家は、犬小屋がガラス張りだった。 tomooookoさん 地下 年末になると、友達の家は、地下に映画を見る部屋とマンガ図書館があった。 yutakanakodomoさん

WHAT? -訪れた住まいは、「なに」が印象的だったか。-

「木」に関するエピソードが、一番多く集まりました。

Adobe Flash Player を取得

このページでは、Flash Player バージョン 10.1.52 以上が必要です。

「木」や「畳」といった単語が多く出てきたのが印象的でした。それに続いたのは「本」「ゲーム」「レコード」など、ひとときを過ごすためのアイテム。それらがある空間がポイントのようです。

こんな意外なものが印象的だったというエピソードも
ベッド 学生時代の友達の家は広いリビングの真ん中にこたつがポツンと。そのまわりはベッドやソファーがいっぱい。話尽きたら、各自寝床で就寝という合宿所のような楽しい心地よさでした。 aloalomanaloさん 海 親戚の家が、和歌山の海の見える丘に建ってて、大きなウッドデッキのベランダから見える景色がとても良かった。  onepu7さん

ほかにもこんなエピソードも

木材にとことんこだわって作られた家。 檜や欅の匂いや温もりが半端なく伝わる素敵な田舎の家。 bebe182さん こだわりぬいた住まいは確かに、人を呼びたくなるかもしれませんね。

庭師をしている友だちの家の屋根は、代々受け継がれているかやぶきの屋根。お手入れが家族の定期イベントだそうで素敵でした。 ramccnさん 受け継ぎたいと思わせる住まい、素敵です。

おばあちゃんちには縁側があった。南向きで、晴れの日はすごくぽかぽかしてた。障子に穴を開けたり、納戸に隠れたりした。HRYINGKさん 「縁側」はやはりひとつのキーワードのようです。

兵庫にある知り合いの手作りツリーハウスから見える景色は、山と田んぼと池と星。仕事場でありたまに生活するそこは、風のような山のような、自然と一体化してる心地いい空間やった 0320emiさん 住まいのある環境、それ自体が人を呼びたくさせることもあります。

決して豪華な家ではないけれど、子供の身長が年毎に記載された壁がある家。 思い出がいっぱいに詰まった感じが出ていて最高です。 2basa33さん 必ずしも豪華であることだけが、人を呼びたくさせるわけではないようです。

会社の同僚や、旧友など、人を呼びたくなるような住まいは一体、どんな住まいなのか。

エス・バイ・エルの企業建築家からは、阪本が参加。
皆さんのTweetを参考にして生み出したプランをいよいよ披露いたします!

今回、皆さんのTweetから生まれる、次の「人を呼びたくなる住まい」を一緒に考えたのは…

阪本 好史 Sakamoto Yoshifumi

小堀の住まい設計工房所属。昭和35年4月3日生まれ。
O型。型破りな兵庫県人。エネルギーになる人は、「自分と違う人すべて」。

阪本の詳細プロフィールはこちら。

皆さんのTweetから生まれた次の「人を呼びたくなる住まい」を見る

Copyright (c) 2011 SxL Co.,Ltd. All rights reserved. エス・バイ・エル株式会社